止まらない近本の連続試合安打 その裏に隠されたディマジオ、イチローら先人たちが残した記録の偉大さ

タグ: , , , 2022/7/2

 阪神・近本光司が1日の中日戦で2安打し、連続試合安打を「27」に伸ばした。2011年にマートンが残した球団記録の「30」にあと3。高橋慶彦(広島)が1979年に残したNPB最長記録の「33」も視野に入ってきた。

【関連記事】新庄ビッグボス 清宮への「冷たい視線」 厳しさ増す「あの理由」とは

 「27」とした時点で、1951年の岩元義行(松竹)、1964年の広瀨叔功(南海)、2008年のラミレス(巨人)、2019年の西川龍馬(広島)、そして昨年の松原聖弥(巨人)に並んだ。

 すでにバースの「25」、大豊泰昭の「26」を上回り、球団単独3位に浮上。「28」の桧山進次郎に王手をかけている。1日もマルチ安打と好調に陰りは見られず、記録がどこまで伸びるかに注目が集まる。

 もっとも海の向こうにはよりアンタッチャブルな記録が残っている。ジョー・ディマジオ(ヤンキース)が1941年に残した「56」は、不滅の金字塔としてディマジオの代名詞のように語り継がれている。

 ディマジオは5月15日のホワイトソックス戦から、7月16日のインディアンス戦まで2カ月以上にわたって打ちまくり続けた。7月17日の同戦で途切れたが、その翌日の同戦からなおも16試合連続安打を放った。もし17日の試合で1安打でもしていたら記録は「73」まで伸びていたという計算だ。





 日本人最高のヒットマンといえば、誰もが思い浮かべるのがイチローだろう。イチローのNPB時代の連続試合安打記録は「23」。オリックスで大ブレークを果たした1994年に記録した。

 イチローのメジャー移籍後の連続試合安打記録は、NPB時代を上回る「27」。2009年にマークされた数字はマリナーズの球団記録として、未だにさん然と輝き続けている。今回、近本はオリックス時代のイチローの記録を抜き、マリナーズ時代の金字塔にも肩を並べたことになる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧