甲子園6日開幕、佐々木朗希以外の「高校四天王」の特徴、今大会注目の投手は?

タグ: , 2019/8/5

 佐々木朗希のいない、令和最初の夏の甲子園が8月6日から始まる。近年の高校野球人気の高まりから、大船渡の最速163km右腕を欠きながらも大会は大いに盛り上がることが予想される。一方で佐々木ら「主役」と目されたプロ注目選手の多くが、予選となる地方大会で姿を消してしまったことは残念でならない。

 昨秋から「高校四天王」として目されてきた剛腕たちがいた。佐々木を筆頭に、創志学園・西純矢、横浜高・及川雅貴、星稜・奥川恭伸の4人。うち、甲子園へ駒を進めたのは星稜・奥川ただ一人だ。

創志学園・西純矢


 西は2年生だった昨年夏の甲子園で頭角を現わした。直球と、鋭いスライダーのコンビネーションを武器に、1回戦の創成館戦で16奪三振で完封という派手なデビューを飾った。その前日に金足農・吉田輝星が鹿児島実戦で14奪三振1失点完投勝利していたが、1学年下ということもあり、西のインパクトは吉田さえも上回っていた。創成館が前年の神宮大会準優勝という強豪だったことも手伝った。

 2回戦では派手なガッツポーズを球審に指導されたことも手伝ってか、制球を乱し逆転負けして甲子園を去った。多くの高校野球ファンが3年夏の甲子園での勇姿を望んでいたが、岡山大会準決勝で倉敷商に0-2で敗退した。この試合で自己最速となる154kmをマークしたが、打線の援護がなかった。

・合わせて読みたい→
「令和の怪物」大船渡・佐々木朗希投手にオススメのプロ3球団はココ!(https://cocokara-next.com/motivation/recommended-professional-baseball-team-for-sasakirouki/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧