元巨人首脳陣が振り返る2023シーズン 「ブリンソンのメンタルはすごい」「戦犯だぞと」

タグ: , , , , 2024/6/20

ブリンソンは勝負強い打撃も光った(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 2020年以来、優勝から遠ざかっている巨人において、今季は球団創設90周年の節目の年、4季ぶりのV奪回に一層力の入るシーズンともなっている。

 一方で昨季はチーム打率、本塁打数ともリーグトップになるなど一定の成績をおさめながら、V逸となったことが改めて注目を集めている。





 この点について、昨年、打撃部門のチーフコーチを務めた大久保博元氏が自身のYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」で2023シーズンを振り返っている。

 6月19日に更新された動画では、大久保氏と同じく昨年チームの投手部門のチーフコーチを務めた阿波野秀幸氏がゲストに招かれ対談を行っている。

 シーズン143試合を戦い、71勝70敗2分けで4位に沈んだ。2023年の戦いに関して、両コーチとも見解が一致したのは「波長が一緒だった」と、投打が不振になるタイミングが残念ながら合ってしまったとした。

 投手部門のチーフを務めた阿波野コーチは、開幕投手を予定していた菅野智之の離脱や、WBCにも参加した守護神、大勢の離脱などを誤算にあげる中、打撃部門のチーフを務めた大久保氏がポイントにあげたのは、ブリンソンの走塁ミスだった。

 昨年チームに在籍した助っ人のルイス・ブリンソンは4月6日のDeNA戦(横浜)で「6番・中堅」として先発出場すると、2回一死一塁の場面で左中間を破る長打を放つも、前の打者を見ておらず、挟殺プレーに。さらに三塁に進んだ後はアウトカウントを間違えて、ベンチに戻ろうとしたから首脳陣はたまらない。大久保氏は「あれから立ち直るのにだいぶ時間がかかってしまった」と、ボーンヘッドがチームに与える影響の大きさを語った。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧