「クジに外れて万々歳」ドラフト抽選負けが今思えば最高だった奇跡の男たち

タグ: , , 2022/9/7

 チームを代表するスター選手がイマココに君臨しているのは、実はドラフトの抽選で負けた結果というケースもあります。

 もし運命の日、抽選に勝っちゃっていたら、推しチームの推し選手は存在していなかった-。

 そんな「奇跡の男」3人を紹介したいと思います。

【関連記事】稀代の巧打者・鉄平が選んだ“歴代最強の左バッター”は?「究極の打撃に最も近づいた」あの殿堂入り選手に最敬礼





2005年高校生ドラフト1位 オリックスのT-岡田(履正社)

 言わずと知れた京セラドームの顔、T-岡田。プロ15年間で放った本塁打は204本。ライトスタンドへの芸術的な放物線に応援歌のかっこよさ。史上12人目の「全打順本塁打」を達成したことも記憶に新しいです。

 あの秋、オリックスからは外れ1位で指名されました。本命は大阪桐蔭の辻内崇伸でしたが、2球団競合の末、巨人が交渉権を獲得したのです。

 ちなみに辻内は1軍公式戦登板なしで現役引退。「オリックス・辻内」が誕生していたら、また違った未来が存在したのかもしれません。

2006年高校生ドラフト1位 巨人の坂本勇人(光星学院)

 「外れ1位史上最高傑作」と言っても過言ではないでしょう。

 あの秋、巨人は高校生ドラフト1位を駒大苫小牧・田中将大か愛工大名電・堂上直倫かの2人に絞り、「ポスト二岡」として後者を選択しました。しかし、阪神も含めた3球団競合の末、中日に交渉権を奪われてしまいます。

 ここで巨人が外れ1位で指名したのが、光星学院の大型ショート・坂本でした。東北地区の担当スカウトだった大森剛さんが、ドラフト当日に坂本を絶対に獲得したいという思いから「堂上を外してくれ!」と念じていたという『伝説』も残っています。

 2000安打を達成し、なおチームの顔として君臨する坂本。巨人以外のユニホームを着ている姿は、なかなか想像できません。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧