「クジに外れて万々歳」ドラフト抽選負けが今思えば最高だった3つの話

タグ: , 2021/3/26

 いよいよプロ野球の2021年ペナントレースが開幕します。この季節は12球団すべてのチームに優勝の可能性があり、等しくどこのファンであっても心が躍る時期です。

 選手名鑑をめくって寸評を目にしながら、推しチームに集った男たちの顔ぶれを確認する時間は楽しいもの。しかし、チームを代表するスター選手がイマココに君臨しているのは、実はドラフトの抽選で負けた結果というケースもあります。

 もし運命の日、抽選に勝っちゃっていたら、推しチームの推し選手は存在していなかった-。

 そんな「奇跡の男」3人を紹介したいと思います。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/

2005年高校生ドラフト1位 オリックスのT-岡田(履正社)


 言わずと知れた京セラドームの顔、T-岡田。プロ15年間で放った本塁打は186本。ライトスタンドへの芸術的な放物線に応援歌のかっこよさ。昨季には史上12人目の「全打順本塁打」を達成したことも記憶に新しいです。

 あの秋、オリックスからは外れ1位で指名されました。本命は大阪桐蔭の辻内崇伸でしたが、2球団競合の末、巨人が交渉権を獲得したのです。

 ちなみに辻内は1軍公式戦登板なしで現役引退。「オリックス・辻内」が誕生していたら、また違った未来が存在したのかもしれません。





2006年高校生ドラフト1位 巨人の坂本勇人(光星学院)

 「外れ1位史上最高傑作」と言っても過言ではないでしょう。

 あの秋、巨人は高校生ドラフト1位を駒大苫小牧・田中将大か愛工大名電・堂上直倫かの2人に絞り、「ポスト二岡」として後者を選択しました。しかし、阪神も含めた3球団競合の末、中日に交渉権を奪われてしまいます。

 ここで巨人が外れ1位で指名したのが、光星学院の大型ショート・坂本でした。東北地区の担当スカウトだった大森剛さんが、ドラフト当日に坂本を絶対に獲得したいという思いから「堂上を外してくれ!」と念じていたという『伝説』も残っています。

 昨季は2000安打を達成し、今季もなおチームの顔として君臨する坂本。巨人以外のユニホームを着ている姿は、なかなか想像できません。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【白鳥大珠選手】オリジナルTシャツ

「キックの王子様」こと白鳥大珠選手のTシャツの販売が決定いたしました!こちらは期間限定の受注生産販売です。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧