ロッテ・安田、藤原らに熱血指導の元ソフトバンク・松中臨時コーチ 球団フロントも「ぜひシーズンを通してアドバイスを継続して頂けたら・・・」

タグ: , , , 2021/2/8

 プロ野球の春季キャンプが開催中だ。毎年、助っ人として駆り出されるのが臨時コーチ。中日で立浪和義氏、ヤクルトでは古田敦也氏が招かれたが、ロッテではダイエー(現ソフトバンク)時代の2004年に平成で唯一となる三冠王に輝いた松中信彦氏(47)がキャンプ期間限定で若手選手らを熱血指導している。

ロッテの安田(右)を指導する松中信彦臨時コーチ(鶴田真也撮影)

・今すぐ読みたい→
松田が振り返るコロナ禍のシーズンそして常勝軍団・ホークスにこの先必要な課題とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/nobuhiromatsuda-necessary-tasks/



 「引き出しが多い方が選手としては助かる。もっといろいろな練習方法を教えていきたい。選手個々がその中からチョイスして、1年間でルーティンの練習をつくって試合に入る、というところを形作ってもらえれば」

 ロッテは昨季のチーム打率が12球団ワーストの2割3分5厘。主力として期待される4年目の安田尚憲内野手、3年目の藤原恭大外野手ら左打者の有望株の打力向上は急務だった。ところが井口資仁監督や河野亮打撃コーチがいずれも右打ち。そこで左打ちの指導者が必要と考え、松中氏が沖縄県石垣市でのキャンプに臨時コーチとして招かれた。

 松中氏は独立リーグ球団の香川オリーブガイナーズで昨季まで1年間ながらゼネラルマネジャー兼総監督としてチームを率いたが、NPBでのコーチ経験はゼロだった。それでも井口監督とはダイエーで同期入団の間柄。指揮官も現役時代から練習量や打撃の引き出しが多いことを知っており、「松中臨時コーチとは、下(半身)を使って打つという考え方が共通している」と思い切ってオファーをしたという。

 松中氏はキャンプ初日から言葉や身ぶり手ぶりで若手の左打者を中心にアドバイスを送り続け、午後5時半ごろまで居残り練習に付き合った。2日目にはフリー打撃で打撃投手の肩慣らしの時間を利用してケージに入り、デモンストレーションを兼ねて自慢の長打力を披露。わずか7スイングで3本の柵越えを放った。

 「僕もまだちょっとは打てる。言葉よりも、実際に打ったほうが伝わる」と振り返り、プロ野球でのコーチングも「やっぱり若い選手に教えるのはすごく楽しい。有望な選手については前から知っていたので、そういう選手を教えるというのも僕自身、勉強になる」





 特にティー打撃では左の軸足の使い方について徹底的にたたきこんでいた様子で、体で覚えさせようと20本連続で自らトスをすることもあった。藤原がフリー打撃に入った時は、片足で立つ時間を長くさせ、1球ごとにフォームの良しあしについて声をかけ続けた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧