球界もオミクロンショックが直撃!相次ぐ感染で割を食うのは昨季Bクラスの「あの球団」?

タグ: , , , 2022/1/25


 まもなくキャンプインを迎える球界で再びコロナ禍が深刻な影響を及ぼしている。

 24日もヤクルト・高橋奎二投手(24)、西武・上本達之ファーム打撃コーチ(41)が新型コロナウイルス陽性判定を受けたと各球団から発表があった。感染力の強いオミクロン株の影響もあり、新型コロナウイルスが再び猛威をふるっている。

・今すぐ読みたい→
金村義明氏が昨季パAクラスの戦力を大胆分析!「毎年評価が低くて申し訳ない」と話すチームとは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshiakikanemura-2022-npb-analysis-02/



 感染者が増加する中、シーズンへの影響も危惧されている。特に深刻と見られているのが、ここまで12人もの感染者を出しているソフトバンクだ。

 「感染者には柳田、松田といった主力選手からチームの期待の星、リチャードまで含まれます。この時期の感染ですから、そこまで大きな出遅れには響かないとは思いますが、リチャードなどは特に将来の4番候補としてキャンプからみっちり鍛え上げる構想を首脳陣も持っていただけに、痛い出遅れとなりそうです」(放送関係者)

 ソフトバンクは24日にコーチ会議を開き、春季キャンプメンバーの振り分けを発表した。主力の感染影響を受け、A組に野手では高卒2年目の井上、川原田や投手でも育成右腕の重田などフレッシュな顔ぶれが並んだ。C組スタートとなるベテラン組は第3クールをめどに宮崎に合流予定とあって、抜擢された若手選手たちはそこまでに猛アピールする必要がありそうだ。





 ほかにも巨人では山口俊投手、小林誠司捕手などここまで6人の感染者を出している。

 「小林などは先のスタッフ会議で自ら一軍キャンプ志願したことが話題となりました。正捕手争いが激化する中、いよいよ居場所がなくなると危機感を強めているそうですが、こちらも痛い出遅れとなりそうです」(同)

 小林をめぐっては、当初ベテランの「S班」入りしていたが、本人が原監督に一軍キャンプメンバー入りを直訴するなど、やる気を見せていた矢先のこと。今回の陽性反応で本人のやる気と裏腹に三軍でキャンプインすることになった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧