今永獲得になぜ躊躇した? ジャイアンツ球団幹部を鈍らせた“現場の声”「決め手に欠けてしまうかもしれない」

タグ: , , , 2024/6/8

衝撃的なルーキーイヤーを送る今永。複数球団の争奪戦の末にカブスに入団した男を逃したチームにもそれなりの事情がある。(C)Getty Images

 今年1月にメジャーリーグの名門カブスに入団した今永昇太は、驚異的なデビューシーズンを送っている。

 カブスと4年総額5300万ドル(約77億円)の大型契約を締結した30歳は、その価値に見合うだけの活躍を披露。ここまで11先発で62.1イニングを投げ、5勝(1敗)をマーク。防御率1.88、WHIP1.04、QS率54.5とエース級の働きを見せている。

【動画】日本では「珍しくない」? 今永昇太の球審への礼節シーン





 直近2試合では連続して5失点とやや打ち込まれてはいるが、複数球団の争奪戦を制したカブスにとって、今永獲得は「成功」していると言えよう。

 獲得を逃した球団にとっては羨ましい存在となっている今永。そんな左腕獲得に失敗した球団幹部は舞台裏を告白している。米メディア『The Athletic』は、ジャイアンツの編成総責任者であるファーハン・ザイディ氏を直撃。「最終的にイマナガにオファーを出さなかった」という同球団の決断理由を深堀した。

 なぜ、ジャイアンツは今永獲得から撤退したのか。ザイディ氏は「我々が作成した投球評価の指標は、彼(今永)を高く評価していた。速球、スプリット、変化球すべてにプラスの評価がついていた。しかし、スカウティング部門からのレポートではそれほど強く推されていなかった」と告白。“現場の声”が上層部の考えを鈍らせたとしている。

「彼の投球を効果的なものにしている理由は、肉眼では計り知れなかった。ただ、その理由は理解できるものだった。国際的なスカウティングは争奪戦の競争率を考慮すると、独自のパターンを持つちょっとした技術よりも、より大きな武器に注目が集まってしまうんだ」

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧