U-18高校日本代表、甲子園優勝校・履正社から代表選出ゼロの理由

タグ: , , 2019/9/4

 高校野球界の、ある強豪校の監督はかつて、甲子園決勝戦前のミーティングで、こんな話をしてナインの闘志に火をつけたと伝えられています。

 「お前ら、日本一高い山はどこか、分かるか。そうだ。富士山だ。子供でも全員知っている。じゃあ、二番目に高い山はどこか、知っているか」

 シーンと静まりかえるミーティング会場。指揮官はこうたたみかけます。

 「二番目は南アルプスにある北岳だ。でも、世間のほとんどの人はその事実を知らない。これが現実だ。いいか、甲子園の優勝チームは何十年経っても記憶されるが、準優勝校はなかなか覚えてもらえない。それぐらいの差があるんだ。俺たちは頂点に立って、語り継がれるチームになろう」

 気合をみなぎらせたナインはそのまま頂点に駆け上がったそうです。確かに優勝校と準優勝校の「扱い」には大きな差がある…はずでした。しかし、ここ二年は「異変」が起きています。

履正社も選んであげてよ!U-18W杯・高校日本代表「甲子園優勝校からゼロ」の怪


 100回大会で空前の盛り上がりを見せた昨夏の甲子園。決勝戦翌日の在京スポーツ新聞1面はほとんどが、準優勝に終わった金足農業の吉田輝星投手をフィーチャーしたものでした。

 今年はどうか。これまた優勝した履正社よりも、ドラフトの目玉候補となるエース・奥川恭伸投手を擁する星稜が大きな話題になったことは否めません。

 ある在京スポーツ新聞の記者はこう語ります。

 「敗者も輝けるのが高校野球のいいところ。スポーツ各紙の東京本社版が準優勝の星稜になったのは自然なことでしょう。奥川は間違いなく今大会の主役でしたし、甲子園が終わってもU-18やドラフトもあるので、物語が続いていく。松井秀喜さんが星稜ナインに送ったメッセージが素晴らしかったことも、1面にする上ではだめ押しの要素でした。今のスポーツ各紙の幹部クラスはみんな、松井秀喜が大好きですからね」

・合わせて読みたい→
高校野球U-18「韓国人から脅かされたり…」と質問した韓国記者、会見場から一発退場(https://cocokara-next.com/stress/korean-reporter-leave-the-conference-hall/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧