44歳の元Jリーガー•安彦に敗れた元西武の相内誠はいかに壁を乗り越えるのか。RISE伊藤代表からかけられた叱咤の言葉とは?

タグ: , , , 2022/2/17


そのまま歌舞伎町に行かなかった『バッドボーイ』

 16日、立技格闘技イベント「RISE」が東京•新宿フェイスで新企画となるオープンフィンガーグローブで闘う試合形式の「RISE FIGHT CLUB」を初開催。この日の第5試合では、相内誠(27=K26)VS安彦考真(44=Executive Fight 武士道)の一戦(3分3R)が行われた。(取材・文=Show大谷泰顕)

・今すぐ読みたい→
野球対サッカーの「異種球技戦」に敗れた、元西武の投手・相内誠のコメントがこれだ! https://cocokara-next.com/athlete_celeb/rise-fight-club-makotoaiuchi-02/



相内は2012年、西武ライオンズにドラフト2位で指名されたことがあるピッチャー、安彦は年俸120円で話題を呼んだ元Jリーガー。いわば野球対サッカーの対決が行われた格好だ。

試合は3分3Rで行われたが、ファーストコンタクトは、安彦の得意なサッカー仕込みの左のミドルキック。その後、一進一退の攻防を見せるかと思いきや、1分すぎに安彦が右フックを相内の顔面に炸裂させると、思わず相内はダウン。直後に左ヒザを打ち込んで2度目のダウンを奪って勝利を決めた。1R1分51秒、安彦のKO勝ちだ。

勝利した安彦は、リング上から開口一番、「みなさん、ありがとー!」と発言。続いて「この試合が決まって、緊張緊張。舐められて、どうしてやろうと思ったけど、彼も彼なりのパフォーマンスでこの大会を盛り上げようとしたと思うんです。なので僕も思いっきりぶつかって、思いっきり倒そうと思った結果、こうなりました」とマイクアピール。

一方、相内は全試合終了後、バツが悪そうな雰囲気で記者の前に現れた。

そのまま歌舞伎町に行ってしまったほうがキャラ通りの『バッドボーイ』なのだが、そこはきちんとケジメだけはつけに来たのか。





そしてコメント終了後、出入り口にいた伊藤隆代表に挨拶をしに行くと、伊藤代表からこんな言葉をかけられた。

「負けたら終わりじゃねえぞ、あきらめたら終わりだからな」

この言葉を聞いて、相内がこの後、どんな行動を起こすのか。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧