野球対サッカーの「異種球技戦」に敗れた、元西武の投手・相内誠のコメントがこれだ!

タグ: , , , 2022/2/17


 16日、立技格闘技イベント「RISE」が東京•新宿フェイスで新企画となるオープンフィンガーグローブで闘う試合形式の「RISE FIGHT CLUB」を初開催。この日の第5試合では、相内誠(27=K26)VS安彦考真(44=Executive Fight 武士道)の一戦(3分3R)が行われた。(取材・文=Show大谷泰顕)

・今すぐ読みたい→
44歳の元Jリーガー・安彦に敗れた元西武の相内誠はいかに壁を乗り越えるのか。RISE伊藤代表からかけられた叱咤の言葉とは? https://cocokara-next.com/athlete_celeb/rise-fight-club-makotoaiuchi-01/



相内は2012年、西武ライオンズにドラフト2位で指名されたことがあるピッチャー、安彦は年俸120円で話題を呼んだ元Jリーガー。いわば野球対サッカーの対決が行われた格好だ。

試合は3分3Rで行われたが、ファーストコンタクトは、安彦の得意なサッカー仕込みの左のミドルキック。その後、一進一退の攻防を見せるかと思いきや、1分すぎに安彦が右フックを相内の顔面に炸裂させると、思わず相内はダウン。直後に左ヒザを打ち込んで2度目のダウンを奪って勝利を決めた。1R1分51秒、安彦のKO勝ちだ。





今後はサッカー選手を目指す!?

――今現在の率直な感想から教えてください。
「率直な感想でいったら、やっぱ悔しいです。前回の敗戦からこうやってまた2戦目のお声がけをしていただいたので、どうにか勝ちっっていうカタチでお見せしたかったんですけど、結果がすべてなので…悔しいですね」

――安彦選手と闘ってみての印象は?
「別に舐めていたわけでもないですし、動画も見させていただいて、気持ちが強い選手だと思っていたので、僕は1Rで仕留めてというか、終わらせたいと思ったんですけど、すごく気持ちのこもった一発一発だったので、すごく効きましたね」

――パンチを受けた際に記憶は?
「動画を見てみないとわからない。覚えてないですね。(最後のヒザ蹴りは)覚えています。ダメージ? まだ痛いです」

――今後についてはどう考えていますか?
「そうッスねえ…。サッカー選手を目指します」

――他の選択肢は?
「正直いうと、勝ったらどうとか、負けたらどうとかっていうのは考えていなかったので、目の前の試合を組んでいただいてありがたいと思って、闘わせていただいたので、今後どうとかっていうのは今すぐにこうしたいっていうのはないですね」と話した相内。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧