実戦デビューのロッテ・佐々木朗希に吉井理人投手コーチ「スピードガンをごみ箱に捨てたい」

タグ: , , , 2021/3/14

 「令和の怪物」と騒がれ続けてきたロッテの2年目右腕、佐々木朗希投手(19)が3月12日に本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われた中日とのオープン戦で実戦デビューを飾った。

中日とのオープン戦で実戦デビューしたロッテの佐々木朗希投手(鶴田真也撮影)

・今すぐ読みたい→
元巨人・斎藤雅樹がロッテ・佐々木朗希を分析「僕は絶対に預からない」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/masakisaito-talks-about-roukisasaki/


 1イニング限定で6回から2番手で登板。中日の上位打線をわずか12球で三者凡退に抑え、非凡さを示した。変化球はスライダーの1球だけ。2番京田、3番阿部を内野ゴロに打ち取ると、4番ビシエドには初球からオール150キロ超えのストレートで勝負。5球目には高めのボール球ながらこの日最速の153キロを計測。最後は外角の152キロで見逃し三振に仕留めた。

 注目されたのはやはり球速だ。12球のうち150キロ以上は10球。初の実戦マウンドで存分に豪腕を披露したが、高校時代に記録した163キロの10キロ落ち。一部には物足りなさを感じたファンもいたかもしれない。

 実は入団1年目の昨年5月に行ったプロ初のシート打撃登板では160キロを2度計測していた。ところが、今年のキャンプ後に行った2度のシート打撃では明らかに抑え気味に投げていた。2月24日の1回目が149キロで、3月5日の2回目は152キロ。今回の実戦初登板について井口資仁監督は「ぴゅっと投げて153キロが出るんだから、まだ余力を残してるんじゃないかな」と感想を漏らした。





 吉井理人投手コーチもこんなことを口にしていた。「まだ子どもの体なのに、あんだけのボールを投げられている。しかも感覚もいい子。変化球もうまく投げられている。どんな投手になるか楽しみ」。佐々木朗の体を「まだ子ども」と表現した。

 さらには「(周りは)球速のことを言うんですけど、そういう競技ではないので。全く関係ない。速い球を投げるのが仕事ではない。球速はだんだん上がってくるかもしれないが、そこを目標としていない。ピッチャーなんでバッターをやっつけることを目標としている」とくぎを刺し、ジョーク交じりに「スピードガンをごみ箱に捨てたいくらい」とも語った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧