5人が二桁得点の三河、終始主導権権を握り快勝

タグ: , , , 2022/1/27

 1月26日(水)に行われたB1リーグ18節。シーホース三河は、大阪エヴェッサと対戦した。

1Q、細谷が連続3Pシュートで試合の流れを作ると、2Q以降は長野が18得点5アシスト、ガードナーが13得点8アシストと着実に得点を重ねる。終始主導権を握った三河は、86-74で快勝した。





―試合結果―
2022年1月26日(水)
大阪 ●74 – 86〇 三河
(三河通算成績 16勝13敗)

1Q 大阪 28–26 三河


細谷 3本の3Pシュートを含む10得点

スターティング5は、#4細谷、#18角野、#19西田、#32シェーファー、#54ガードナー。

#18角野のドライブで先制。#54ガードナーのフリースロー、#4細谷の連続3Pシュートで4-10と好スタートを切る。さらに#4細谷はファストブレイクからフリースロー、3本目の3Pシュートと立て続けに得点して、開始4分で14-4と二桁リードを奪う。

大阪#31木下の連続得点で5点差に追い上げられるが、#4細谷のドライブから外に展開して3Pシュート、#54ガードナーとのパス交換からバスケットカウントと#19西田が連続得点を挙げてリードを渡さない。

中盤以降後は互いに高確率に3Pシュートを決め合うアップテンポな展開に。残り1分から大阪に連続得点を許し、#31木下のブザービーターで逆転を許す。

・今すぐ読みたい→
巨人の「聖域」交代の可能性あるか 坂本の「不安材料」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-sanctuary/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧