巨人・小林誠司「復権」なるか 3年ぶりのマルチ安打が注目集める「あの理由」

タグ: , , 2022/5/28

 巨人は27日の日本ハム戦(札幌ドーム)に2ー3と敗れた。相手投手・上沢の好投の前にわずか3安打と打線がふるわず。そんな中でも存在感を示したのはベテラン捕手の小林だった。

【関連記事】「カーブは絶品だったが…」大谷翔平が5失点したのはなぜ?“日本一の投手コーチ”佐藤義則が徹底検証

 22日の阪神戦以来のスタメンマスクとなった小林がこの日の試合で注目を集めたのは打撃だった。

 0ー0のまま迎えた3回の第1打席、一死走者なしの場面で打席に入った小林は上沢の外角カットボールを捉えると中前に運び、チーム初安打を記録。そして、2点を追う5回にも、二死走者なしの場面で今度は上沢の外角チェンジアップをうまく捉え、左翼線二塁打を放った。

 小林が1試合で複数安打を放つのは2019年8月30日の阪神戦(甲子園)以来1001日ぶり。試合前まで打率・189と打撃が課題だった小林が打ったことでベンチも大盛り上がりとなった。

 5回は小林に続く中山の右前打を万波が後逸する失策もあり、小林が本塁に生還。打者走者の中山も一気に本塁生還を果たして、一時巨人が同点に追いつく場面も演出した。

 結果として試合に敗れたが、原監督は小林の打撃に関して「見事でしたね」とコメント。最近は出場機会が減っている中、久々の出場で躍動したことに元木ヘッドコーチも「(本人も)『なにくそ』という気持ちもあるんじゃない?試合に出ていなくても声を出して、非常に盛り上げてくれる」と陰の貢献も評価した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧