「カーブは絶品だったが…」大谷翔平が5失点したのはなぜ?“日本一の投手コーチ”佐藤義則が徹底検証

タグ: , , , 2022/5/28

ストレートにいつもの切れがなかった大谷は、変化球に頼らざるを得なかったようだ。(C)Getty Images

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は5月26日(日本時間27日)、本拠地でのテキサス・レンジャース戦に先発登板。6回93球を投げて、被安打6、1四球、5失点で負け投手となった。初回から腰に違和感を覚えていたという二刀流のパフォーマンスは、5失点という結果からも、本来のものでなかったことは明らかだ。では、どのような課題を抱えていたのか。田中将大やダルビッシュ有を育て、「日本一の投手コーチ」(故・星野仙一氏)と称された佐藤義則氏に、大谷のピッチング内容を分析してもらった。

【動画】大谷翔平、初回の先頭打者に被弾。低めのストレートが痛打されたシーンをチェック

 全体的にボールが高めに浮いていたのが、5点を取られた要因だろう。スプリットはいいところに落ちているボールもあったが、カットボールやスライダーは抜けた球が多かった。“良い球”と“甘い球”がハッキリ分かれていて、ヒットを打たれたのは、だいたいベルト上のボール。内角低めへのストレートは、ほとんど投げていなかった。あれぐらいの高さにボールが集まったら掴まるのは自然だし、外野フライにはなっていたけど、ホームランでもおかしくない打球も結構飛んでいる。大谷が力でねじ伏せたというより、相手打者がミートできなかった印象だ。

 初回の先頭打者にストレートをホームランにされたことで、ストレートを投げる回数が減ったようにも感じた。大谷自身、“ボールが走っていない”と思っていただろうし、実際に打者の後ろに飛ぶファウルや、ストレートで空振りを取る場面は数えるほど。スプリットで三振は取れたが、一方で160キロ台のストレートを投げきれなかったから、いつものようなピッチングの組み立てができなかった。

 技術面から言うと、ボールが浮いていたのは、上体や頭が突っ込んで肘が出てこなかったからだ。肘が出てこないとボールを持つ時間が短くなり、どうしても高めに浮いてしまう。上半身で投げるタイプの大谷は元々、ボールが高めに浮きがちだが、この日は初回から腰に違和感を覚えていた影響もあって、それが強く出ていたように見えた。

 特に、肘が下がっていたのがスライダーだ。スライダーを大きく曲げたいと思うと、どうしても腕の振りで曲げようとする。大谷だけではなく、ピッチャーはみんなそういう傾向があるものだ。だから、横から手が出てくるようなフォームになり、バッターに球種が分かりやすくなる。

 ただ、カーブは絶品だった。落ち切らなかったカーブをホームランにされた場面があったが、それは単に失投になっただけ。抜けたカーブは最もホームランされやすい球で、メジャーのバッターなら10球中8球は柵越えを打ってくる。あれを除けば、全体的にブレーキが効いていてカウントを取れていた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【攝津正野球イベント開催!】元沢村賞投手『攝津正』とYouTuber『Bモレル』が全力でファンと交流!野球観戦バー「サークルチェンジ」と「CoCoKARAnextオンライン野球居酒屋」が共同でリアル&オンライン野球イベントを開催!

野球観戦バー「サークルチェンジ」で元沢村賞投手の攝津正さんと人気YouTuber「Bモレル」さんがファンの方とお酒を飲みながらロッテvsソフトバンク戦をその場で解説しながら楽しく観戦! 飲み放題付きチケットだからとってもお得!2人と一緒にお酒を飲みながら大いに盛りがろう! お店に来れない人のためにこちらの模様をZOOMでも生配信!お店で一緒に観てる感覚がお家でも味わえる! またオンラインで参加の方限定で直接会話ができて二人のサインももらえるチケットも販売中! (こちらはオンラインでの参加の方のみとなります!)

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧