「この男を愛さずにいられない!」大谷翔平の“お茶目な”ジェスチャーが話題!打ち取ったバッターに「出口は右側です」

タグ: , , 2022/5/27

大谷の今季4勝目はならず。10三振を奪ったものの、腰に違和感を覚えていたのだという。(C)Getty Images

 大谷翔平が取った“お茶目な”ジェスチャーがファンの間で話題を呼んでいる。

 現地5月26日(日本時間27日)、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷は、本拠地エンゼル・スタジアムで行われたトロント・ブルージェイズ戦に「3番・投手」のリアル二刀流で先発出場。投げては6回10奪三振も、初回に先頭打者のジョージ・スプリンガーに本塁打、6回には強打者のウラジーミル・ゲレーロJrにポール直撃弾を許すなど、6安打5失点で3敗目を喫した。打者では、2打数無安打1打点だった。

【動画】「出口は右側です」MLB公式もスポットライトを当てた、大谷翔平の“お茶目な”ジェスチャーをチェック!

 投打とも決して本調子と言える内容ではなかったが、試合では大谷のお茶目な性格がうかがえるシーンがあった。4回表、ブルージェイズの6番ライメル・タピアをピッチャーゴロに打ち取ると、大谷は一塁ベース手前に駆け寄り、バッターランナーにダグアウトへ帰るように促すかのようなジェスチャーをした。これを受けたタピアも、大谷に従うようにダグアウトへ颯爽と戻った。

 MLBの公式Twitterはこのシーンとともに、「出口は右側です」とコメントを添えて投稿。さらに、エンゼルスの公式Twitterも、「グッドガイのショウヘイ・オオタニが道順を教えてくれます」とユーモア溢れるコメントで反応すると、コメント欄は「やはりショウヘイを愛さずにはいられないね!」「いつもユーモラスでセンスのあるショウヘイ」「試合に負けているけど、野球は退屈ではない!」といった盛り上がりを見せていた。

 今季3敗目を喫するなど、大谷らしい活躍を見せることはできなかったが、ユーモアのある行動で今日もファンを楽しませている。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【関連記事】矢野阪神 今季12度目の完封負け「謎采配」続出で急浮上する「解任動議」とは
【関連記事】なぜ安田? 疑問だらけのオールスターファン投票ノミネートはNPB自ら球宴の権威を損ねる行為
【PHOTO】投打で躍動!MLB2022シーズンでさらなる高みを目指す大谷翔平を特集!

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧