「本当にクレイジーな瞬間」ロッキーズ、悪夢の逆転3ラン浴びた直前の“疑惑判定”に非難殺到「これはスイング」

タグ: , , , 2024/6/19

ロッキーズの指揮官は9回の逆転3ランを浴びた直前の判定に怒った(C)Getty Images

 ロッキーズが現地時間6月18日(日本時間19日)、本拠地でドジャースと対戦し、9回に一挙7点を入れられて9-11と大逆転負けを喫した。

【動画】スイングしてる!?逆転3ラン浴びる直前の判定にロッキーズ指揮官が怒る





 4-9と5点差の9回だった。3番手のタイラー・キンリーが一死満塁のピンチを背負うと、代打のジェーソン・ヘイワードに満塁本塁打を浴びて8-9と1点差に迫られる。代わって4番手でビクトル・ボドニクがマウンドに上がるが、大谷翔平に左前打を許し、ウィル・スミスを見逃し三振に切って取った後に、フレディ・フリーマンを申告敬遠で歩かせて二死一・二塁とした。

 続くテオスカー・ヘルナンデスの打席では、カウント1-2と追い込み、4球目の高めのストレートが微妙なハーフスイングに。捕手は一塁の塁審にジャッジを求めたが、スイングはしていないと判定。これをめぐり、ロッキーズのバド・ブラック監督が怒って大声を上げて反論すると、退場処分となった。

 さらに、この直後にヘルナンデスが逆転3ランを放ったことで、右翼手のジェーク・ケーブも「どうしてくれるんだ!!」と言わんばかりに全身で不満をあらわにした。さらに、現地の記者も反応し、大きな波紋を呼んだ。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧