3戦連発23号の大谷翔平は「球界で最も好調な打者」MLB公式が称賛 先制弾のラックスにも「励みになる結果」と賛辞

タグ: , , , 2024/6/23

大谷は古巣相手に459フィート(約139.9メートル)の特大弾を放った(C)Getty Images

 勝利を呼び込んだ2人のバッティングに賛辞が贈られている。

 現地時間6月22日(日本時間23日)、ドジャースは本拠地でエンゼルスと対戦、7-2で勝利し、前日の敗戦の借りを返した。これで今回の交流戦2連戦は1勝1敗という結果に終わっている。

【動画】またも確信弾 大谷翔平の衝撃23号アーチを見よ





 初戦は延長タイブレークまでもつれ込んだ競り合いを落としたドジャースだったが、この日は前半での1発攻勢で早々に試合の主導権を握った。3回裏、このイニングの先頭打者である8番ギャビン・ラックスがエンゼルス先発ザック・プリーサックからライトスタンドへのソロホームランを放ち先制。さらに、9番キャバン・ビジオがセーフティバントで出塁すると、無死1塁で打席に立った大谷翔平にも3試合連続となる23号本塁打が飛び出した。真ん中に入ったスライダーを完璧にとらえ、ライトスタンドに運んだ。

 その後も5回までに7点を挙げたドジャースが試合を制しており、大谷は古巣との対戦2試合で2本のアーチを記録することとなった。

 前日に続き、大谷はこの日の本塁打も飛距離などが話題となる中で、メジャー公式サイト『MLB.com』では、もう一人、先制本塁打のラックスの活躍もフォーカスしている。

 試合終了直後、同メディアは、大谷、ラックスのここまでのシーズンを振り返っており、「リーグの最優秀選手に2度選出されたオオタニは、ドジャース移籍初年度に初のナ・リーグMVPを獲得する有力候補の一人としての地位を確立した。一方、ラックスは、膝の大怪我で2023年シーズンを棒に振る前の姿を取り戻そうと、この1年を過ごしてきた」と両者の歩みを辿っている。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧