大谷 ペレス、ゲレーロJr.に打ち勝つポイントは? 本人が語った「あのボールの見極め」

タグ: , , 2021/9/7


 
 エンゼルス・大谷翔平投手(27)は6日(日本時間7日)に本拠地で行われたレンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。4打数ノーヒットで打率は2割5分5厘、期待された1発は出なかった。

 大谷は4日(同5日)の同カードで4試合ぶりとなる43号3ランを放ったが、その後は2試合続けて、ノーヒット。この日も第1打席は左飛、その後も空振り三振、見逃し三振、と続き、元DeNAに在籍したパットンとの勝負となった8回の第4打席も遊飛と快音は聞かれなかった。

【動画】レンジャーズ右腕アレクシーの外角低めチェンジアップに空振り三振となった

 一方、本塁打王を争うライバルたちは猛追だ。この2日間でペレス(ロイヤルズ)が41号、ゲレーロJr.(ブルージェイズ)もこの日、40号を放つなど、3人が3本差以内とシーズン終盤にきて、一気に本塁打王争いがヒートアップ。

 最終的に誰がキングに輝くのか。日米を巻き込んで大注目となっているが、大谷がここに来て追い込まれているのは、オールスター明けの「失速」も影響している。球宴前に33本まで記録を伸ばしたが、後半戦はここまで10本。一方のゲレーロJr.も後半戦12本とペースが落ちている。一方、ペレスは前半戦で21発とそこまで目立たなかったところを、後半戦に入ってからは47試合で20発と大まくりしている。





 チームはここにきて主力のアップトンまで右腰痛のためIL(負傷者リスト)入り。トラウト、レンドンに続いて、主力が離脱したことで「ますます大谷との勝負は避けられるでしょうね。大谷さえ抑えておけば、得点力はある程度抑えられる」(メジャー関係者)

 これまでも申告敬遠など大谷との勝負は避けられる傾向にあったが、特にプレーオフ争いがかかった上位チームとの対戦ではなかなか真っ向勝負は厳しくなりそうだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP CoCoKARAnextでプロ野球観戦が100倍面白くなるオンライン野球居酒屋が開店! 今回は巨人軍の足のスペシャリスト「鈴木尚広」さんが登場! 9/26(日)の巨人vs阪神の伝統の一戦を鈴木さんがお酒を呑みながら楽しくオンライン生解説!

プロ野球のレジェンドの解説や裏話を聴きながら野球観戦ができるオンライン居酒屋が開店! パソコンやスマートフォンがあれば自宅があっという間に野球居酒屋に大変身! レジェンドもお酒を呑んでるので質問なども気軽にお答えしちゃいます! 普段の解説では聞けない裏話もお酒の力で飛び出ちゃうかも? お酒好きな方もお酒が呑めない方も両方楽しめるオンライン野球居酒屋、ぜひお楽しみください!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧