104年ぶり偉業挑戦の大谷翔平が4回6Kの好投!“鉄腕”ライアンの球団記録まであと4つに

タグ: , , , 2022/8/4

今日もスライダーが絶好調。ミスから失点したが、ピッチング内容は良いといえるだろう。(C)Getty Images

 エンゼルスの大谷翔平が現地3日(日本時間4日)、本拠地でのアスレチックス戦に「2番・投手兼DH」のリアル二刀流で先発出場。4回終了時点で1失点6奪三振と好投を見せている。

【動画】大谷翔平が104年ぶり偉業達成に向けて好投を披露!スプリッターで三振を奪った4番ブラウンとの対戦シーンをチェック






 この試合で大谷が勝利投手になれば、1918年ベーブ・ルース以来、104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打の偉業を達成することになる。しかし、大谷はそんなプレッシャーを感じていないかのような伸び伸びとしたピッチングで、三振の山を築いている。

 初回は2番ロレアノ、3番マーフィーを、いずれもスライダーで三振に切って取り、2回には4番ブラウンをスプリットで仕留めた。3回は8番マチンに、この日初ヒットを許したが、続く9番ボルト、1番ケンプを、またもスライダーで2者連続三振に抑えた。

 しかし4回、三塁手レンヒフォの悪送球でランナーを出すと、大谷のワイルドピッチで2塁に進塁されてしまう。そして、このピンチで3番マーフィーにセンター前へ運ばれ、先制点を奪われた。その後は、4番ブラウンから2打席連続三振を奪うなど、冷静に後続を抑え、この回の失点を1で食い止めた。

 大谷は現在6試合連続で2桁三振を奪っており、この試合で2桁奪三振をあげれば、ノーラン・ライアンが1977年に記録した7試合連続の球団記録に並ぶことになる。

 一方、”打者・大谷”は、第1打席に三振、第2打席はサードライナー。試合は0-1とエンゼルスの1点ビハインドで進行している。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

【動画】大谷翔平が104年ぶり偉業達成に向けて上々の立ち上がり!スプリッターでも三振を奪う好投をチェック
【関連記事】日ハム・清宮 1試合2発で「因縁対決」にも勝利 元同僚の秋吉撃ちに球団が胸をなでおろしたワケとは
【関連記事】巨人ベンチにささやかれる「すきま風」 最下位目前以上に深刻な「事態」とは

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【内科医監修サプリ】闘魂しじみウコン(120粒入り) ~しじみとウコンの力で二日酔い対策!~

しじみとウコンの力で二日酔い対策! 飲むと決まれば、飲んでおこう!闘魂注入!! ウコンの有効成分「クルクミン」100mgと、しじみ約700個分の「オルニチン」を配合。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧