原巨人 中田の「懲罰交代」が波紋 ささやかれる「次のターゲット」とは

タグ: , , 2022/7/14

(C)CoCoKARAnext

 巨人・原監督の「厳しい判断」が物議をかもしている。巨人は13日の阪神戦(甲子園)に0ー13と大敗。先発のメルセデスが乱調だったことに加え、守備の乱れも足を引っ張った。

 先発のメルセデスは初回から3失点と立ち上がりにつかまった。そんな中で注目を集めたのは3点ビハインドの二回一死二、三塁の場面。近本の一ゴロに対し、中田が捕球しきれずにファンブル。4点目が入った。その瞬間、たまらずベンチを飛び出した原監督は投手メルセデス、さらに中田の交代も告げたのだ。

【関連記事】原巨人「投壊」「拙守」のオンパレードで「内部崩壊」も?注目集める「あの発言」とは






 どよめく甲子園球場。中田が先発しながらわずか1打席で交代したのはこれが初めてのこと。3回の攻撃では9番に入ったメルセデスに打席が回ることもあり、ダブル交代の意味もあったが、シチュエーションからして「懲罰交代」だったのは明らかだった。

 前日に本塁打を放ち存在感を示したばかり。守備の名手としても知られる中田の突然の交代劇にはネット上からも「これまでどれだけ中田の守備に助けられたか」「選手が萎縮してしまう」など、否定的な意見が散見された。

 結局中田に代わって一塁を守った増田陸も、この日は3打数ノーヒットに終わった。

 一方、この交代がチームにもたらす影響も心配されている。

 「元々原監督は愛のムチともいえるが、思い入れの強い選手が結果を出せないと必要以上に叱咤する傾向がある。今年はその意味ではずっと中田がターゲットになっているが、現在打線は低迷。そろそろ次の選手に視線が移る可能性はある」(球界関係者)

 過去には横浜から移籍してきた村田修一(現一軍打撃コーチ)、現在は西武に移籍した内海哲也なども名指しで厳しい言葉を投げかけられてきた。期待の裏返しともいえるが、選手とすれば重いプレッシャーがのしかかる。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧