「ショップライトLPGAクラシック」横峯さくら、山口すず夏に大会直前インタビュー

タグ: , , , 2019/6/7

 1986年にスタートした今大会は、ツアーの中では数少ない3日間54ホールの短期決戦となるだけに、スタートからの出だしが重要。2010年大会では宮里藍が優勝を果たし、昨年は横峯さくらが2位で惜しくも優勝を逃したことも記憶に新しい。

舞台となるのはアメリカ・ニュージャージー州のストックトン・シービューホテル&GC。大西洋に面したリンクスタイプのコースで一見フラットに見えるが、フェアウェイからグリーンまで複雑な起伏があり、海から吹き付ける強い風が、比較的小さく起伏のあるグリーンの攻略を難しくしている。さらにベント芝とポアナ芝という成長速度が違う芝が混じるグリーンでのパットは選手たちを悩ませる。

開幕を前日に控えた横峯さくら、山口すず夏に今大会への意気込みなどを語ってもらった。

■横峯さくら

写真/GettyImages


Q.連戦が続いていますが、体調はいかがですか?
「体調は問題ないです。」

Q.先週に比べると今週は気温も低いですが、コースの印象はいかがですか?
「まだ1番から9番のハーフしか回ってないのですが、(去年は虫がすごかったので今年は)虫がいなくて良かったです。」

Q.去年は最終日に10アンダーを出し単独2位と、この試合から調子を上げていかれましたが、今年はいかがですか?
「去年はこの試合でシード権を獲得できたと言っても過言ではないので、すごく有難い大会でもありますし、10アンダーを出せたということは相性も良いコースだと思うので、明日から頑張りたいです。」

Q.ゴルフの調子はいかがですか?
「悪くはないといったところなので、噛み合えば良いなぁという感じです。」

Q.コースのコンディションはいかがですか?
「昨日は比較的良い方だと思います。」

Q.このコースは風が吹くと変わってくると思いますが、どのあたりがキーポイントになってきますか?
「その時その時に対応できるということが一番大事だと思うので、風が吹いたら吹いたで対応していくというところですかね。」

Q.3日間大会の短期決戦ですが、今週に向けての意気込みをお願いします。
「1日爆発できれば、上位も見えてくると思うので、明日は午後スタートですが出遅れないように頑張りたいです。」

・合わせて読みたい→
高橋由伸×畑岡奈紗 「競技を戦うココロとカラダ」を対談(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshinobutakahashi-nasahataoka-conversation-01/)

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧