今季最短時間を記録したオリ・山本、楽天・則本の投げ合い 過去にルーキーイヤーで1時間59分という衝撃のタイムを記録した投手とは?

タグ: 2021/4/29

 息をのむ投手戦。加えて異例の無観客開催だ。テレビの前の視聴者をクギ付けにして、試合はとんとん拍子で進む。28日のオリックス対楽天。山本由伸と則本昂大という本格派右腕の投げ合い。0-0のスコアレスドローに終わった熱戦は、今季最短となる2時間12分で決着した。

・今すぐ読みたい→
巨人小林誠司が二軍でも21打数無安打 ネットでは「一軍へ戻して」の「署名運動」も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seijikobayashi-return/



 山本は「9回のマウンドに上がる時、まだ8時になっていなかった。びっくりしました」と振り返った。それもそのはずで、9イニングで終わる野球の試合の平均試合時間は3時間超えが常識。昨年は3時間13分で、今年も27日現在で3時間11分と大差なく推移している。

 両軍無得点のスコアレスドローという点がまず大きい。今季は新型コロナウイルス感染拡大に伴う特例として、延長戦を廃止して9回打ち切り。従来なら延長戦に突入していた展開で、それが早期試合終了の一端ではある。

 加えて実力派の両投手がテンポよく投げ続けたこと。山本は9回3安打完封で96球。則本は8回2安打無失点で98球だった。最後の9回裏を投げた抑えの松井は2四球で走者をためたが、無失点。打者5人の攻撃は、最後にしてこの試合初めてのことだった。





 そして無観客開催。余計な演出が省かれることから、試合時間が短くなる傾向がある。

 さまざまな要素が絡まり合い、近年ではまれな超高速決着の試合が誕生した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧