巨人のエース・戸郷翔征が6位指名だった理由は?当時のスカウト部長が証言「馬力はあるんだけど、上体投げに見えた」

タグ: , , , 2023/4/21

WBCでトラウトやターナーから三振を奪った戸郷。エースとして巨人を牽引する(C)Getty Images

 侍ジャパンで活躍した大谷翔平吉田正尚村上宗隆などはいずれもドラフト1位で入団しており、その他の中心選手も上位指名が多い。しかし、下位指名の選手であっても侍ジャパンの一員として躍動した選手は少なくない。

【関連記事】振り向けば日本ハム 楽天球団が「勝てない原因」





 2018年に6位指名で巨人に入団した戸郷翔征もその1人。高卒2年目から先発の軸に食い込み、2020年、2021年ともに9勝、2022年は12勝と二桁勝利を達成。さらには奪三振王を獲得し、23歳にして伝統ある巨人軍のエースに成長した。先のワールド・ベースボール・クラシックでも2登板して、防御率1・80、投球回数が5回にも関わらず9奪三振を奪うなど、本来の力を十二分に発揮して優勝に大きく貢献した。そして、今シーズンは巨人で防御率0・89、チームトップの2勝を上げている。

 なぜ、これほどまでに活躍できる逸材が、6位指名だったのか気になるところ。現役時代は巨人やメジャーリーグのメッツなどで活躍した高橋尚成氏のYouTubeチャンネル『髙橋尚成のHISAちゃん』に、2017~19年に巨人のスカウト部長を務めた岡崎郁氏が出演し、戸郷獲得の経緯を語った。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧