「あのままでは1軍では厳しい」 阪神即戦力ルーキーに球界OBが突きつけた「課題」とは

タグ: , , , , , 2023/2/13

(C)CoCoKARAnext

 いよいよキャンプも2週間が経過。各球団、新入団選手の元気な姿が伝えられる中、阪神ではドラ1ルーキーの森下翔太外野手(22=中大)にも注目が高まっている。

 即戦力ルーキーとして岡田彰布監督(65)も期待する森下は11日に行われた4回制の紅白戦(沖縄・宜野座)に紅組の「9番・DH」で出場。『プロ初打席』は四球に終わったものの、その後、白組に移り、2打席目に『プロ初安打』をマークした。

【関連記事】猿まね厳禁!有望若手が首脳陣を困惑させた「越境」合同自主トレの弊害





 四球に終わった初打席後、岡田監督の計らいで白組のラインアップに加わり、三回一死走者なしの場面では速球に詰まりながらも、二塁内野安打をマーク。

 「ヒットが出ないよりは出たほうがいいので。自分の中でも、ちょっとほっとする部分はあります」と森下。

 1月の新人合同自主トレ時に右足肉離れを発症。キャンプは2軍スタートとなった。遅れた分を取り返そうと、アピールに務めた。12日の紅白戦では2打数無安打に終わっている。

 そんな森下に関しては球界内からも様々な考察の声が出ている。現役時代は大洋(現DeNA)で活躍、引退後は日本代表コーチも務めた野球解説者の高木豊氏は12日までに更新した自身のユーチューブチャンネル内で森下の打撃の課題について語る場面があった。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧