どの球団が有利!?ソフトバンクのあの選手は6球団の競合に

タグ: , , , 2019/11/15

 プロ野球チームが12球団ある中、1番乗りでFA宣言したソフトバンクの福田秀平。求めているものは、お金ではなく出場機会だろう。ソフトバンクが宣言残留を認めているため、福岡ソフトバンクホークス・千葉ロッテマリーンズ・東北楽天イーグルス・埼玉西武ライオンズ・東京ヤクルトスワローズ・中日ドラゴンズの6球団が調査や交渉を行っている状況で、争奪戦になることは間違いない状況だ。

・合わせて読みたい→
巨人のトラウマ…FAの人的補償で失ったアイツ(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/trauma-of-the-giants/)

福田はどこの球団を選ぶのがベストの選択か


 福田は「プロ野球選手である以上試合の頭からでたい」と語っている。ネット上でも「福田はお金ではなくスタメンとして出場できる球団がいいのだろう」という声が多くあるほどだ。もちろんレギュラーは譲ってもらうものではなく勝ち取るものではあるが、外野の穴を埋めたい球団が有利になるだろう。そこで注目したいのが、パ・リーグの埼玉西武ライオンズだ。

埼玉西武ライオンズは、センターを守り続けてきた秋山翔吾が同じくFA宣言をし、海外への挑戦を表明した。秋山の穴を埋めるために、なんとしても福田を獲得したいのが本音だろう。今季主に両翼で出場していた金子侑司や木村文紀も絶対的レギュラーではないので、十分レギュラー争いができる環境だ。「秋山だけでなく来年には金子のFAも控えているので、福田を取ってほしい気持ちは切実」と願っているファンもいる。

同一リーグの移籍になるため、各球団の投手の特徴などは把握しているのがポイントだ。来季のゲームもすんなりと入ることができるだろう。ただし、古巣球団とシーズンを通して何度も対戦しなければならないことがネックになる。

交渉面では、飯田光男球団本部長と渡辺久信GMの本気度も伝わってきた。FA宣言した選手が公表され他球団との交渉が可能になった11月3日、福岡でどの球団よりも早く交渉のテーブルについたのだ。金銭面ではソフトバンクに見劣りしない4年4~5億以上の条件を提示したと言われている。また、背番号なども好条件を提示。福田からは「どうして西武の選手は怪我が少ないんですか?」など、手ごたえのある質問もあったという。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧