朝倉海vs堀口恭司、元PRIDE戦士が注目ポイントを語る

タグ: , , , , , 2020/12/31

 2020年12月31日、待ちに待った決戦の火蓋が切られる。大晦日にさいたまスーパーアリーナにて開催される「Yogibo presents RIZIN.26」、そのメインカードとなるバンタム級タイトルマッチにて、現バンタム級王者の朝倉海と初代バンタム級王者の堀口恭司が再戦する。

昨年8月に行われた「RIZIN.18」のノンタイトルマッチで朝倉選手にキャリア初のKO負けを喫し、大晦日の「RIZIN.20」でリベンジに燃えていた堀口選手。しかし、同年10月に右膝前十字靭帯の断裂、半月板損傷より戦線離脱。RIZIN、ベラト—ルの両王座を自ら返上し、地道にリハビリを続けてきた。一方の朝倉選手は今年8月の「RIZIN.23」で空位となっていたRIZINバンタム級のベルトを奪取、念願の第3代RIZINバンタム級王者に輝いた。

1年越しに実現したリベンジマッチ。真の王者が決まる大注目の一戦について、元PRIDEファイターの大山峻護さんが両者の強さ、見どころを熱く語った。

・今すぐ読みたい→
堀口恭司のコーチ「過去試合は参考にならない別の選手。むしろ良い一年の休息だった」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/mike-brown-talks-about-rehabilitation-period-02/








――チャンピオンの朝倉選手をどう見ていますか?
「朝倉選手の勢いと進化のスピードは凄まじいですね。一年半前に堀口選手にジャイアントキリングをして、そこから着実に経験を積み、あの勝利はまぐれじゃなかったと証明してくれました。技術はもちろん勢いとかメンタルとか時代の流れと、いろんなものが一つになってすごい力を発揮していますね」

――堀口選手は怪我からのダイレクトリマッチです
「堀口選手はインタビューとかを見ていても、全くブレがないですね。焦りがあるわけでもなく、過剰な自信があるわけでもなく、淡々と自分がやるべきことをやって、まさに現代の侍です。ジャイアントキリングされて、そこから大怪我で長期欠場、コロナでなかなか練習もできない中のリハビリで、その上試合前には2週間の隔離もある。状況としてはネガティブにも見えるけど、そういう中でも全てをプラスに変換していると感じます。しかもそれが無理にではなく、ナチュラルに自然体でそれができてしまっている。無理やりメンタルをあげようとか、強気でいようとかではなく、そこが異次元すぎます。内に秘めた思いや情熱はマグマのように燃え上がるものがあるんでしょうけれども、それを冷静な心でコントロールしているように感じます。本当に、トップ中のトップのメンタリティです」





――大山さんも現役時代は骨折や網膜剥離で長期離脱していた時期がありましたが、リハビリ中はどのようなモチベーションだったのでしょうか?
「堀口選手は超人すぎて、僕の経験は堀口選手に当てはまらないです(苦笑)。堀口選手は怪我をしたけど、相当強くなってさらに深みが増して戻ってくるんじゃないかなと思います。不気味ですね。全く読めない。相手からすると、それって一番強さだと思います。多分戦い方もガラッと変えてくると思います」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧