プロ6年目の奇跡 交流戦MVP水谷瞬をアシストした新庄監督の”慧眼”とは

タグ: , , , , 2024/6/19

水谷のMVP受賞を新庄監督も後押しした(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 2024年度「日本生命セ・パ交流戦」のMVPが6月19日に発表され、打率.438で首位打者に輝いた日本ハム外野手の水谷瞬が初受賞した。賞金は200万円。全18試合に出場し、28安打もトップだった。

【動画】ここまで飛ぶ?水谷が戸郷から放った3号ソロシーン





 圧巻の成績となった。打率「.438」は2015年の秋山翔吾(西武)の「.432」を上回る交流戦最高打率となった。本塁打も今月2日のDeNA戦(エスコン)でプロ初アーチをマークすると、14日の巨人戦(エスコン)でも相手エ―スの戸郷翔征から3号をマークするなど短期間に本塁打を量産、大きな伸びしろを感じさせる。

 球団を通じて水谷は「最高の賞をいただけて光栄です。初めての交流戦でのプレーでしたが、意識せずに1打席、1打席を大切にできたことが、形になる結果につながったと思います。活躍は交流戦だけだったと言われないように、リーグ戦再開からもチームに貢献できるように頑張ります」とコメント。継続した活躍を誓っていた。

 ソフトバンクに18年のドラフト5位入団。強肩強打、高い身体能力で知られながら、けがの影響や選手層の厚さもあり、昨年まで1軍実績はなかった。

 また、今回の大ブレイクには起用する新庄剛志監督の「慧眼」も評価されている。水谷は今キャンプ2軍スタートながら、最初の紅白戦でいきなり白組の「4番」として抜擢。2月4日に行われた紅白戦で早速移籍後初アーチを放ったロマン砲に目をかけ、ことあるごとにメッセージを送ってきた。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧