史上初、ソフトテニス界に学生プロ誕生! 上岡俊介のメンタルコントロール術

タグ: , 2021/11/25

 実力と人気を兼ね備え、今後の活躍に注目が集まるソフトテニス学生プロ、上岡俊介選手インタビュー企画。第2弾となる今回は、上岡選手の「心」に注目。「負けても引きずらない」「時間が解決してくれると思っている」と、自身のことを「前向きでポジティブな性格」と語る上岡選手のメンタルコントロール術をご紹介します。

・今すぐ読みたい→
史上初、ソフトテニス界に学生プロ誕生! 上岡俊介21歳の素顔 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/shunsukeueoka-professional-tennis-player-01/

勝ちたいとリラックスの間で気持ちをキープする


Q:気持ちを切り替えたい、リラックスしたい時はどのように過ごしますか?

上岡:他の選手やスタッフとコミュニケーションを取ることもありますが、自分ひとりの時間も大切にしていて、その時は好きな音楽を聴いています。どちらかと言うとポジティブ思考なので、負けた時もあまり落ち込まない、引きずらない、次の試合に向けてすぐに気持ちを切り替えるようにしています。もっとも意識しているのは、勝ちたいと思いすぎないことです。勝ちたいという気持ちが強すぎると力んでミスにも繋がるので、「勝ちたい」と「リラックス」の間の状態で気持ちをキープするようにしています。少し楽観的かもしれませんが、年中試合があるのでその試合だけに集中しすぎない。1試合ぐらい負けても、1年全体を通して良い成績がおさめられたらいいんだから…という気持ちを保つように意識しています。

Q:メンタルコントロール術は、どのように身に付けたのですか?

上岡:ジュニア時代の練習が本当にきつくて、それに耐えて耐えて…という経験からだと思います。どんなに厳しい状況に置かれても乗り越えられる、時間が解決してくれるとも考えられるようになりました。だから、いまも練習ではとにかく自分を追い込む、私生活でも自分に厳しい条件をつけることで、試合のプレッシャー、キツさにも耐えられるようになりました。これだけ練習してきたので大丈夫!と思うようにしています。





大切なのは、期間・時間、目標を定めておくこと

Q:練習や私生活で厳しく追い込むということですが、息抜きどのようにしていますか?

上岡:息抜きというよりは、どんなことも期間や時間を決めておくことが大切です。例えば、「この時期はこれぐらい練習をする」と目標を設定します。でないと、体がもちません。プロになって、今まで以上に自分自身で管理し、コントロールしなければなりませんが、どういう練習をしたらよいか、調子が悪くなった時にどう立ち直るかということは、今までたくさん指導を受けてきた中で把握ができています。その経験を活かして練習しています。コロナ禍、試合数が減っているのでメンタル面での不安は少しありますが、この日、この試合だけに集中するのではなく、先を見ながら、年間通して勝率が良くなるようにという気持ちで挑みます。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧