MLBにも地殻変動が・・・新型コロナウイルスの影響によりマイナー球団を大幅削減へ

タグ: , 2020/4/22

 苦渋の選択か、どさくさ紛れなのか。

MLB機構とマリナーリーグ側が、現在162あるマイナー球団を120に削減することに合意したと複数の米メディアが報じた。


 マイナー球団削減案は昨年の秋に浮上していた。MLBとマイナーリーグ間の野球協定が2020年シーズン後に失効するため、MLB側から提案していた。

 背景にはマイナーリーグの待遇改善を目指す狙いがあった。多くのマイナーリーガーの時給は最低賃金に満たない。バスで長時間移動を強いられるなど、労働環境に批難が集まっていた。一方で、マイナー全体を見ればメジャーへの昇格率は10%前後に過ぎない、というデータがある。リーグ全体の改善のため、球団数削減が避けられないという主張だった。

 ただし、これには反発する声も大きかった。今年1月には削減案に対し、連邦下院4議員が反対の議決案を提出。驚いたマイナーリーグ側からの依頼により動いたものだった。マイナーリーグには名も無い地方都市を本拠とするチームが多い。それらのチームは「おらが町」の象徴として、地元ファンから愛されているのも事実だ。





・今すぐ読みたい→
この10年の神ドラフト史!この年、この球団の指名が最高すぎ https://cocokara-next.com/motivation/the-history-of-the-draft-of-the-last-10-years/

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧