【RISE】白鳥大珠が公開練習「判定狙いの試合はいらない」全一問一答

タグ: , , 2020/10/2

 10月11日に横浜ぴあアリーナで開催予定の『RISE DEAD OR ALIVE 2020 Yokohama』内で『RISE DEAD OR ALIVE 2020 -63kgトーナメント』に出場する、RISE WORLD SERIES -61kg世界王者・白鳥大珠(TEAM TEPPEN)が先月30日、公開練習を行った。

強者揃いの今トーナメント。試合までおよそ1週間となるが、試合を控え、会見に応じた。

以下、全一問一答。

・今すぐ読みたい→
那須川の同僚イケメン選手が皇治へ挑発倍返しへ名乗り、「今度はオレが大晦日に皇治を倒す」 〜同僚・天心の凄さは 「練習中に気を抜いている瞬間がない」~ https://cocokara-next.com/athlete_celeb/taijushiratori-rizin24-summary/



ー試合まであと1週間少しだが、調子はどうか?
「調子はいつも通りですね」

ー公開練習を見ると、重厚な攻撃をしているように見えたが?
キレは増したと自分では感じている。
より当たって交わせるような打撃を身に着けられたかなと思います。

ーキレが増した要因は?
やっぱり練習ですよね。今回の試合へ向けていままで以上に練習を積んできたので。
ボクシングジムにも通いましたし、ボクシングテクニックを上げてきました。

ーボクシング技術を磨いている理由は?
倒せるものを身に着けないとダメだと思っている。
キックの練習はキックのジムでできるが、ボクシング技術をより極めるためにはボクシングトレーナーが必要。
テクニックもそうだが、一発一発の打ち方とか、打ち方をちょっと変えるだけでパンチの質が変わる。
それが身につけられたかなと思います。
倒す戦いをこれからもっとしなければいけない。
今よりも技術をあげないといけないと思い、練習しています。

ー1年前のパンチでのKOが印象に残っているが、また違うものになっているか?
1年前よりも磨きがかかっていると思います。





ー以前のプロボクシングからキックへ戻ってきた。昔のボクシングで取り組んでいたことが、今どのように反映されているか?
結果を見れば、パンチでも倒せている。
キックありのボクシング とボクシング は全然違うので、どれだけキックボクシング の中でボクシングスタイルを動きに繋げられるかが大事なところかなと。
ボクシング がどんなにうまくても、蹴りが入ると使えない選手もいる。
今はRISEでもボクシング主体の選手が多いですし、年々キックもパンチ技術も上がっている。
過去ボクシング をやっていたからといって他の選手より上だとは思いたくない。
元々あった技術にさらに上乗せをして磨かないと今後通用しなくなると思っています。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧