DeNA・大田 ノンテンダー問題と「決別宣言」 葛藤の末にたどり着いた「本音」とは

タグ: , , 2022/3/14

 昨年日本ハムからノンテンダー通告を受け、今季からDeNAに加入した大田泰示外野手(31)が13日放送のニッポン放送「The Deep」にゲスト出演した。スポーツライターの金子達仁氏がパーソナリティーを務める同番組に大田は昨年11月末にも出演している。この間の激動の日々を振り返った。

・今すぐ読みたい→
原巨人 開幕に向け不安材料続々 「貧打線」より深刻な「あの穴」とは https://cocokara-next.com/athlete_celeb/giants-anxiety-point/


 大田は昨年11月16日に日本ハムからノンテンダー(自由契約)となり、その後、12月にDeNAに入団が決定。

 自由契約となってから約1か月の間の心境を問われると「本当に憂うつなんだなって。時間が遅いようで早いようで。毎日不安な気持ちが大きかった」と告白。トライアウト終了後から本格的な交渉がスタート。「色々とお話を頂くなかで、嬉しい悩みに変わっていったと覚えてます」とオファーを受けて以降は、球団を選択するという悩みに変化していったという。

 他球団からのオファーもある中でDeNA入団を決めた理由については、本拠地が自身の出身である東海大相模高時代にホームグラウンドとして使用していた「縁」があったのに加え、あえて厳しい環境に身を置くことも意識したという。





 「選択肢は他にもあり、その中でも凄く悩みました。自分にとって何が大切なのかを考え、どうしたらいいのか。いい外野手がそろっているベイスターズで自分を試したい。そのなかで自分をもう一度磨き直して(レギュラー争いに)、チャレンジしたい、試したい、勝ち抜きたいという気持ちにもなりました」と語った。 DeNAの外野陣は佐野、桑原、オースティンと打率3割超えの強打者揃い。ほかの球団へ行くほうが出場機会が増える可能性はあったが、自身を成長させるためにDeNAを選択した。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP DIETA(麻布十番・さいたま新都心・目黒・立川)パーソナルT体験30分

麻布十番を筆頭に、目黒、さいたま新都心、立川と次々と店舗が増え、人気急上昇中のパーソナルトレーニングジム「DIETA」がCoCoKARAnext SHOPに登場! RIZAP立上げ期を支えた人気カリスマトレーナー・島陽平さんが代表を務めるパーソナルトレーニングジムです。通常は無いメニュー「パーソナルトレーニング体験30分 5,900円」をCoCoKARAnext SHOPにて限定販売!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧