3度目の緊急事態宣言を受けてプロ野球界に大きなしこり「すぐに無観客と決めつけるのはやめていただきたい」

タグ: , 2021/4/29

 ゴールデンウィーク初日となる4月29日は祝日にも関わらず、プロ野球は4試合しか組まれていない。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う3度目の緊急事態宣言を受けて、ヤクルト対巨人(神宮球場)、オリックス対楽天(京セラドーム大阪)の2試合が延期されたためだ。

・今すぐ読みたい→
巨人小林誠司が二軍でも21打数無安打 ネットでは「一軍へ戻して」の「署名運動」も https://cocokara-next.com/athlete_celeb/seijikobayashi-return/



 収容人数に制限がかかっても、本来であればかき入れ時。だが、政府は東京、大阪、兵庫、京都の4都県に緊急事態宣言を発令した。期間は4月25日~5月11日まで。その期間、スポーツイベントは例外なく、中止・延期もしくは無観客とすることを決定した。

 プロ野球はコロナ禍に襲われてからの2シーズン、球場の客席においてはクラスター(集団感染)はおろか、感染例は一度も出していない。

 昨年は6月19日に開幕し、7月10日に最大5000人という制限で有観客開催へ切り替えた。さらに9月19日からは球場の最大収容人数の50%に上限を引き上げた。

 今季は地域ごとに制限が異なり、3月21日に解除された緊急事態宣言からの経過期間となる首都圏4都府県などは上限1万人、それ以外は最大収容人数の50%でスタートしていた。





 昨年7月10日から、既に800試合近い有観客開催が行われ、球場では感染対策を徹底してきた。入場時は検温を欠かさず、座席は可能な限り間隔を取って間引き。手洗い所や座席の消毒も、専用の薬剤を用意して繰り返した。そうした実績を基に斉藤惇コミッショナーは「緊急事態宣言が出たからといって、すぐに無観客と決めつけるのはやめていただきたい」と訴えていた。

 だが、こうしたプロ野球界の努力や実績は、全て政府や自治体の乱暴な決定プロセスの前にむげにされた格好だ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【セール特価】堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

堀口恭司×WAYLLYのスマホケースで壁にスマホを貼って自撮り可能!シャドーもスパーリングも撮影可能!! スマホケースが壁に吸盤で張り付くため、インスタ映えする自撮りや、自分の練習フォームの撮影も可能!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧