「なにも文句のない成績」3連敗を防いだ阪神の現状に球界OBも太鼓判!「ダントツに今年は違う」

タグ: , , , , 2023/5/12

佐藤氏は岡田阪神の戦いぶりを「(優勝も)見えてくる」と評した(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

 現在、セ・リーグ2位の阪神は、5月12日から甲子園で首位DeNAを迎え撃つ。11日まで、同じく甲子園で行われていたヤクルトとの3連戦は1勝2敗と負け越したものの、2連敗後の3戦目で勝利を挙げており、良い流れのまま首位攻防戦に入っていけそうだ。

 11日のヤクルト戦は両チームの先発、伊藤将司とサイスニードが共に好投し、1-1のまま試合が進行、阪神は8回にランナー2・3塁から代打・糸原健斗のショートゴロが野選を誘う形となり決勝点をもぎ取るという形でロースコアのゲームを制している。

【関連記事】西武・山川穂高 前代未聞の女性スキャンダル勃発 FA移籍消滅危機の「舞台裏」





 初戦、2戦目を村上頌樹西勇輝で落としており、3戦目も先制後に追いつかれる試合展開となった上で、辛くも白星を掴んだ。阪神にとって苦しい内容となったこの地元でのヤクルト3連戦だったが、球界OBからは現在のチーム状況について、決して悪いものではないと楽観する声も聞こえている。

 現役時、阪急、オリックスで通算165勝を記録し、指導者としてもオリックスや阪神、楽天などで投手コーチを歴任した佐藤義則氏がYouTubeチャンネル『佐藤義則チャンネル』を5月12日に更新し、ヤクルトとの3連戦の内容や、ここまでの阪神のチーム状況について語った。

 佐藤氏はこの3戦を振り返り、阪神の課題として2試合で無得点だった打撃陣を挙げ、その上で「背の高い、ボールが強く上から投げてくる投手に対して、フライアウトが多くなることが気になる」と指摘。さらに「ランナーを置いた場面で、初球のインハイに手を出してファールフライになってしまう」と打者のボールの見極めについて苦言を呈している。「中野(拓夢)、近本(光司)は良くボールをみて四球を選んでいるのだけど、もうちょっと(球種を)絞って打ったり、どんな球を投げているか考えながら打席に入ってもいいかな」とチャンスの状況でのバッティングへのアドバイスを送っていた。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧