元DeNAバウアーが“刀パフォ”の真意を説明 「不必要」との批判に猛反発「とんでもなく滑稽で、常軌を逸している」

タグ: , , , 2024/6/14

DeNA時代にも披露していた「刀パフォ」。その真意をバウアーが説明した。(C)Getty Images

 一部で批判を受けるマウンド上での“パフォーマンス”の真意を本人が告白した。現地時間6月13日、元DeNAのトレバー・バウアーは自身のXを更新。奪三振後にマウンドで刀を鞘に納めるような仕草について「子どもため」と説いた。

【動画】果たして挑発か? バウアーの「刀パフォーマンス」をチェック





 ともすれば、“挑発的”と捉えられてもおかしくもない。バウアーはメジャーリーグ時代から三振を奪った直後に両腕を点につき上げ、刀を振り下ろすかのようなポーズを取ってきた。一連の動作は日本でプレーしていた際にも批判も受けていたが、メキシカン・リーグでプレーする今も苦言を呈されている。

 Xで「相手を尊重することは別問題だ。彼の自尊心の欠如を示している」と改めてクレームを頂戴すると、これにバウアーは猛反発。「僕がそれ(刀パフォーマンス)をやるのは、ひとつに誰にとっても試合が楽しくなるからだ。そしてもうひとつは若い野球ファンがいるSNSで張り付けやすくなるから」と説明し、「野球を衰退させないために成長させたいか?」と訴え続けた。

「『顧客』がいる場所で自分をアピールしなければならないのだから、こんな意見に賛成する人よりも、俺の意見に賛成する人の方が多いことを祈るよ。じゃないと、野球が『かっこよくない』という理由で、高校に上がるいなや有望な若い選手を他のスポーツに奪われ続けるだけだ」

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧