「罪深い怠惰だ」日本に大逆転負けを喫したフランス 母国紙はまさかの“失態”を辛辣批判「完璧なシナリオは砕かれた」【男子バレー】

タグ: , , 2024/6/23

日本の猛反撃の前に力なく敗れたフランス。(C) Volleyball World

 連覇が懸かる母国での五輪を控える“王者”に対する風当たりは厳しいものとなっている。

 現地6月22日、フィリピン・マニラで開催された男子バレーボール・ネーションズ(VNL)1次ラウンドで、世界ランキング4位の日本代表は、同7位で、東京五輪で金メダルを獲得したフランス代表と対戦。2セットを連取されてから見事に盛り返し、セットカウント3-2(17-25、19-25、25-16、25-23、15-10)の逆転勝利を飾った。

【動画】石川祐希、驚異の33得点! 日本の劇的フランス撃破のハイライト





 衝撃を拭いきれないのは、圧倒的に優位な立場にあったフランスだ。両チーム最多となる33得点を叩き出した石川祐希を食い止める術を見いだせないまま、攻防戦に競り負けたのだから当然ではある。

 国内メディアからは厳しい声も寄せられた。国内最古の歴史を誇る日刊紙『Le Figaro』は、「オリンピック王者は力強い試合運びで先に2セットを奪取し、そのまま楽勝を収めると思っていた。だが、そこからの日本の反撃は凄まじかった。彼らの自己犠牲のスピリットに圧倒された」と日本を評価。ただ、やはり2セットを先行したところから勝ちきれなかった母国の精鋭たちには、「罪深い怠惰だ」と辛辣な意見を向けている。

「咎めるべき集中力の欠如によって、フランスは競り負けた。とくにイシカワ(33得点!)を中心とした日本の攻撃に最後まで耐えられなかった。彼らは流れが確実に変わった最終セットも自力で立て直すことはできなかった」

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧