高橋由伸が生きる第二の人生 「巨人しか知らなかった」エリート街道の殻を破る

タグ: , , 2018/12/14

 21年間慣れ親しんだジャイアンツのユニフォームを脱いだ高橋由伸さん。桐蔭学園高校から慶応義塾大学、そして逆指名で巨人に入団した生え抜きのスターだ。18年の現役生活、3年間の監督生活に終止符を打ち、新たな人生を歩み出す今の心境を聞いた。

・合わせて読みたい→
高橋由伸×畑岡奈紗 「競技を戦うココロとカラダ」を対談(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/yoshinobutakahashi-nasahataoka-conversation-01/)

野球以外の事から学ぶのが非常に楽しみ


「これからの方が大変だろうなと思いますね。第二の人生。監督をやる時より、もっと想像がつかないです。野球しかやってこなかったので、これからどんな生活を送るんだろう、って。何となく普通の感じでやっていくんでしょうけど、野球と完全に離れる事はできないだろうなと思っています。今は正直、いつまた現場に戻ってと言うのは具体的に考えられないですけどね。打ちのめされたので(笑)。今までは他のスポーツはもちろん、プロ野球の他のチームの試合すら日本シリーズとかくらいしか見ることができなかったので、プロ野球中継見てみたいですね」

そう振り返る高橋さん。野球中継の観戦以外にこれからやってみたいことを聞くと…。

「野球以外の事から学ぶ事も多いと思うので、そこは非常に楽しみにしています。今まではジャイアンツの中での視界でしか見えてなかったので、もっと外に出て行って、色んな人と話をしたいですね。選手や監督という立場もあって、もしかしたら変なプライドが邪魔していたかもしれないですけど、立場が変われば見え方も受け入れ方も違ってくると思っているので。狭い世界で生きてきたので、幅広く違う世界のことも見て学んでいきたいです。」

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×WAYLLY スマートフォンケース

総合格闘家・堀口恭司とのコラボレーショングッズ第1弾、WAYLLYは平らな壁ならどこでも”くっつく”次世代スマホケースです!「ナノサクション」という特殊技術を、採用しているので”くっつく”ことを実現可能にしているのです!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧