脅威の「.436」 新たに現れた”打てる捕手”に球界OBも太鼓判 「確実に抜けている」

タグ: , , , , 2024/6/11

田宮はバットコントロールのたくみさも評価されている(C)産経新聞社

 シーズンも3分の1を過ぎ、打率のリーディングリストにはここまでで明らかな傾向が出ている。

 セ・パ両リーグの3割打者がわずか3人と、投高打低の図式がくっきりと出ているのだ。

【日本ハム】”あの若さでこの技術は凄い!!”今季大ブレイクの田宮はなぜ成績を残せるのか?DeNAの山本と将来日本代表の可能性!日本ハムの田宮選手について語ります!





 そんな中で今季、存在感を示しているのは現在パ・リーグ2位の打率「.335」、得点圏打率はリーグトップとなる「.436」(6月10日現在)をマークする日本ハムの捕手、田宮裕涼だ。

 今季プロ6年目にして初めて開幕スタメンマスクを勝ち取ると、勝負強い打撃で注目を集めている。

 新たな安打製造機として注目を集め始めているが、田宮の打撃の何が優れているのか。球界内からも様々な考察の声が上がっている。

 現役時代は大洋(現DeNA)で活躍、引退後は日本代表コーチも務め、現在は野球解説者として活躍する高木豊氏は6月8日までに自身のYouTubeチャンネルに「【日本ハム】"あの若さでこの技術は凄い!!"今季大ブレイクの田宮はなぜ成績を残せるのか?DeNAの山本と将来日本代表の可能性!日本ハムの田宮選手について語ります!」と題した動画を更新。田宮の技術を独自の視点で解説している。

 高木氏は田宮に関して「打ったらコンちゃん(近藤健介)、肩は甲斐(拓也)、足もめちゃくちゃ速い」と3拍子そろった選手だとした。

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧