Bリーグシーホース三河の西田優大が語る「切り替えの大事さ」。東海大伝統の「24時間ルール」って何だ?

タグ: , , , 2022/7/13

写真提供:シーホース三河

 2021ー22シーズンのBリーグ新人賞に輝いた、今後の日本男子バスケットボール界を担う期待の若手。西田優大は、日本代表でもFIBAバスケワールドカップ2023予選全試合出場と頭角を表している。そんなシーホース三河のエースに、「モチベーションの保ち方」や「気持ちの切り替え方」について聞いた。

【関連記事】Bリーグシーホース三河の西田優大が語る「エースとしての自覚」と「プレッシャーへの対応」





 常にファンの期待を背負ってプレーするバスケットボール選手にとって、モチベーションとは一体どんなものなのか。西田は「モチベーションを保つというより、自分のやるべきことにしっかりフォーカスするのが一番。周りのことを気にせず、我慢して自分のやるべきことを続けていくこと」と、外的要因の影響を最小限に留め、己のタスクに集中することでモチベーションを高めて来たという。

 プレッシャーへの対処法も同じで、基本的には「自分の事に集中する」タイプの西田は、これまでも様々な場面を、自分のプレーに集中して乗り越えてきた。しかし、昨シーズン終盤のCS進出がかかった数試合では、重圧に押しつぶされそうになったこともあったそうだ。

「自分でどう説明したらいいのか難しいんですけど、シーズン最後の方はずっとCS進出がかかっている試合だったので、本当に毎試合毎試合が自分も感じたことないぐらいにプレッシャーでした。でも、それは自分一人で抱え込んじゃうと絶対きつい。チームメイトがいたから乗り越えられたのかなと思ってます。経験を積んできてる選手たちが、よく声をかけてくれてたので、そこは本当に自分も助けられました」

 経験豊富なチームメイトの助けも得てプレッシャーに立ち向かった西田は、それでも「目の前のことに必死」だったという。結局、CS進出には届かなかったものの、「最後の試合で次に行けるか行けないかが決まるっていうのは、なかなか経験できない。エースとはまた違う緊張感というか、そういうのを経験できたことはすごい大きいかなって思います」と精神的にひと皮むけたようだ。

「アスリート/セレブ」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧