なぜ角田裕毅は“罵倒”しなくなったのか? 本人が明かした飛躍のワケ「自分は無線の使い方を学んだんだ」

タグ: , , 2024/6/8

物怖じしない物言いが時に問題ともなっていた角田。しかし、今季は明らかに取り乱すような場面は減っている。(C)Getty Images

 さらなる成長に向け、日本のカリスマレーサーは心身ともに充実の日々を送っているようだ。ビザ・キャッシュアップ・RB(以下RB)に所属する角田裕毅だ。

 目に見える結果で周囲の期待に応えている。ここまでの8戦中5戦で入賞を飾るなど好調を維持し、ドライバーランキングでも通算19ポイントで10位につける健闘ぶり。チーム関係者、ファン、各国メディアからも称賛され、今季のF1の主役のひとりとなっている。

【動画】角田裕毅がまたも入賞!絶妙なピットストップで7位に浮上したシーンの映像





 もっとも、開幕当初の角田は精神的な“脆さ”も見せていた。F1の開幕戦となるバーレーンGPではチームメイトのダニエル・リカルドと衝突するシーンもあった。

 チームが、決勝レース途中に前を走っていた角田にリカルドとの順位の入れ替えを指示。これに24歳は「冗談だろ?今か?」と無線を通じて不満を漏らしながらも従ったが、先を行ったオーストラリア人が順位を上げることができなかったにもかかわらず、13位でゴールしたため、クールダウンラップで超接近する行動を見せた。

 この時、リカルドから「クソヘルメット野郎」と罵られもした角田。しかし、このバーレーンGP以降の彼は明らかに取り乱したような振る舞いを見せなくなった。無論、ここまでわずか5ポイントしか獲得できていない“相棒”を上回る好成績を収めているレース内容による自信も影響しているのだろう。加えて、本人には意識的に取り組んでいることがあるという。

関連記事

「アスリート/セレブ」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧