「快眠につながるエアコンの適切な使い方は?」室温と体温の上手なコントロール法を医師が解説!

タグ: , , , 2022/7/22

 以前は、クーラー病や冷房病を予防するために、睡眠時のエアコンは控えるように言われていましたが、近年は熱中症対策として積極的な使用が推奨されるようになりました。

 そこで今回は、みやま市工藤内科の院長・工藤孝文先生のYouTubeチャンネルより、医学的に正しいエアコンの活用法と睡眠時のポイントについてご紹介します。

【関連記事】「夏バテしたらスタミナつけるは間違い!?」医師が教える本当に有効な「夏バテ」対策とは

男性は暑がり、女性は寒がりが多いのはなぜ?

「一般的に、エアコンの設定温度は26度~28度ぐらいが一番良いとされています。患者さんには、体温から10度マイナスぐらいの室温ですよと伝え、覚えてもらうようにしていますね。また、男性は筋肉量が女性よりも多いため、熱量がたくさんあって暑がりと言われています。職場などでは、男性はクールビズ、女性はブランケットなどを使うのが良いと思います。寒がりの方は、全身が寒いのであれば首にスカーフを巻くのがおすすめです。また、女性の場合は、女性器が冷えると体調を崩すので腹巻も良いと思います。末端冷え性の方は、足元にブランケットをかけるようにしましょう。」と、工藤先生。





「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧