【ゴルフ】クラブのしなりを感じるための身体の使い方

タグ: , , , , 2022/7/27

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

 トータルゴルフフィットネス トレーナーの杵渕です。

以前、起き上がりについて解説をさせて頂いた動画の中でアーリーリリースをしてしまうと起き上がりやすいとお伝えさせて頂いきました。

その動画の中で、腕の振り遅れは良くないですが、クラブの振り遅れは是非やってみてくださいとお伝えさせて頂きました。

こちらのコメントで、「アーリーリリースをした方がクラブのしなりを感じやすいのですが、アーリーリリースをしない動作でクラブのしなりを感じる方法はありますか?」との内容を頂きましたのでこちらを解説させて頂きます。

クラブのしなりを感じたい方はこちらの動画をご覧ください。

コメントを頂いた起き上がりの動画はこちらから

【関連記事・シャロースイングの打ち方】飛距離アップは確実!3つのポイントを抑えて練習しよう!

クラブの重みを感じる事ができない理由





クラブの振り遅れの形を意識したスイングでクラブのしなりを感じることができない理由として、振り遅れの形を作りに行ってしまっている事が予想されます。

ヘッドが身体の遠くにある方が重みを感じやすいのでその分身体への負荷が大きく感じると思います。

クラブの振り遅れの形にするとヘッドが身体の近くにくるので重みを感じにくくなることは必然のことかと思います。

この事から重要になってくるのは「クラブの振り遅れの形を作りにいかない」という事です。

クラブの振り遅れの形を動きの結果としてできるようになって頂きたいです。

この結果を獲得するために必要になってくるのが「切り返し」の動きです。

バックスイングでクラブが後ろに動きたがっている時に身体はダウンスイングの方向に行きたがっているという状況を作ることが肝心になります。

この状態になると、上の力と下の力の引っ張り合いが生じクラブのしなりを生み出しています。

この動きを練習する際は動きひとつひとつを切り離して練習をしないようにしてください。

ゴルフスイングは一筆書きなので最初の動きから最後の動きまで流れるように行うようにしてください。

最初から最後までスムーズに動かして、自然とクラブの重りを感じられるようにしましょう。

それではクラブのしなりを感じられるようになるためのエクササイズをご紹介します。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 恵比寿No.1鍼灸[Meilong]20%OFF+初診料①

東京・恵比寿でNO.1!数々の賞を受賞、各メディア、予約サイトで上位を多数獲得した鍼灸治療院・meilong。 複数の医師とも連携。 また、英語対応可能なので、外国人の友人の方へもおススメ。

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧