お風呂のカビに潜むカビや菌に潜むリスクとは・・・大掃除のこの時期に対策を

タグ: , , , 2022/12/21

 近年急増している肺の病気、肺非結核性抗酸菌症(以下、肺NTM症)という病気をご存知でしょうか。肺NTM症とは結核菌・らい菌以外の抗酸菌によって引き起こされる病気で感染すると、しばらくは症状がない状態が続き、その後、肺の炎症が進むと、せきやたん、血の混じったたんなどの症状が表れます。さらに進行すると、一時的な発熱や全身のだるさ、食欲低下による体重減少といった症状が起こります。

 結核との大きな違いはヒトからヒトへと感染せず、病気の進行が緩やかであるにも関わらず、抗菌薬による治療が難しく、確実に有効な治療法がないため、患者数が増加している現状にあります。

【関連記事】あなたの肺は大丈夫?3つ以上当てはまる人は危険!肺の機能低下を知るためのチェックリスト






■肺NTM症と浴室の環境

 肺NTM症の原因の一つとして考えられているのが、浴室での環境だといわれます。42℃前後の温度で繁殖しやすいこの菌にとって、気密性の高い浴室は最適な環境で、とくに、浴槽のお湯の注ぎ口やシャワーヘッドのぬめり、湯あかに潜んでいることもあるといわれます。そして、そうした場所で発生する水しぶきや霧状の水滴の中にいる菌を、肺に吸い込むことによって感染するとも考えられるため、注意が必要です。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適! 心地よいお昼寝のリフレッシュタイムに、スポーツをした後の体を整えるアフターケアに、そして、夜の心地よい睡眠で体をいたわりたいアナタに!nobirakuはあらゆるシーンで、あなたの快適な生活をサポート!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧