ゴルファーのための食事学『ショットの精度は水が決める!』

タグ: , 2024/6/13

[文:トータルゴルフフィットネス – ゴルファーのための会員制フィットネスクラブ(https://www.tg-fitness.net/)]

 トータルゴルフフィットネス 管理栄養士の中島です。

今回は『水分補給』についてです!

ゴルファーの皆さん、貴方の水分摂取量は足りていますか?

人間のカラダの60%は水分で構成されており、役割は多岐に渡ります。
例として、酸素や栄養素を体内で運ぶ、老廃物を排泄する、体温を調節する、そして体内で起こる様々な化学反応の場となります。ゴルファーといっても体型や活動量は異なりますから、必要な水分量にも個人差があります(例:筋肉量が多い場合、筋肉は脂肪よりも水分を多く含むため、より多くの水分が必要です。)。また、ヒトは活動に伴って汗をかきますから、多くのラウンドやトレーニングを実施する方ほど、より多くの水分量が必要です。

【関連記事】ゴルファーのための食事学「ゴルフの後、これだけは食べちゃダメ!」





水分が不足すると?

水分不足は身体に様々な悪影響を及ぼします。スポーツに関しては、体重の2%の水分が不足すると、運動パフォーマンスが低下していきます。
では具体的に、ゴルフでは何が起きるでしょう。ゴルフと脱水に関する研究は少なく、研究の対象者も多いとは言えないのが現状です。
しかし、2012年にローハンディキャップゴルファーを対象とした、ゴルフにおけるアイアンのパフォーマンスと、軽度の脱水症状について調べた研究があります。ここでの軽度脱水とは、体重比で水分が1〜2%減るものを示します。
その結果、脱水の対象者は飛距離の低下や、目標物までの距離の誤判定が大きくなることが分かりました。距離の誤判定については、総距離2,588mに対して、 脱水状態の対象者の方が60mを超える誤差を示しました(※1)。正確性がより求められる競技者や選手の皆さんにとって、脱水状態でのゴルフパフォーマンス維持は難しいと言えます。

「フィットネス」新着記事

『CoCoKARAnext』編集スタッフ・ライターを募集

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP ユメロン黒川:寝姿勢改善パッド「nobiraku」 寝ている間が伸びる時間

腰が気になる方!腰まわりの予防に、試してみませんか? 寝ている間が、ととのう時間。 nobirakuはパフォーマンス向上の為の“大人のお昼寝”にも最適!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧