冬ゴルフのラウンドで意識する事4選!ワーストスコアを出さない為に冬のゴルフ場を知ろう

タグ: , , , 2021/2/16

[文:レジャーゴルフのサイト【Caddy(キャディ)】]

 今回は、「冬ゴルフのラウンドで意識する事」について紹介していきます。

真冬のラウンドと聞いて、「絶対無理!超寒いじゃん!」と考える人も多いと思いますが、いざやってみるとメリットは沢山あります。

ただ冬のラウンドをオンシーズンのように考えていると、ワーストスコアすら叩く可能性があるので注意は必要です。

ではどんな事に注意してラウンドすれば良いのか?

ポイントは4つ。1つずつ説明していきます。

・今すぐ読みたい→
ゴルフスイングの勘違い~起き上がり~ https://cocokara-next.com/fitness/misunderstanding-golf-swing-05/

1.飛距離が落ちるので1番手上げる


まず冬のラウンドで1番頭に入れておかなければならない事。

それは「飛距離の低下」です。

気温が下がると体が硬直し、思うように捻転しません。しっかりストレッチをしてから挑めばいくらかマシにはなりますが、それでも飛距離は落ちます。

寒さによる体の硬さの他、「冷えた球は飛ばなくなる」、「冬は空気抵抗も増える」など複数の要因があります。

飛距離が落ちる事は確実です。なのでそれを前提にクラブ選定をしなければなりません。

とは言え、あまり難しく考えず1番手上げたクラブ選択をすれば良いだけ。

150ヤードをいつも8番アイアンで打っている人は、7番アイアンにすれば良いだけです。

間違ってもスイングスピードを上げたり、球筋をドロー目にして飛距離を足そうとするのは止めましょう。





2.着込むとスイングに影響が!薄手で暖かいインナーを買おう

寒さ対策でとにかく服を着込む。確かに風邪を引いたら元も子のない話ですが、スイングの事を考えるならあまりおすすめは出来ません。

服の厚みで体がモコモコになり、スイングに影響が出ます。

少し話は変わりますが、僕も過去に襟が立っているモコモコのダウンを着てラウンドしていたら、数ホール回っただけで顎辺りが真っ赤になりましたね…。

スイングの度に襟部分で顎を刺激していたんです。

という事で、着込むなら薄手のインナーを重ね着しましょう。今は保温性の高いインナーも数多くあるし、薄手に見えても実際は暖かい高性能なジャケットもあります。

厚手ばかりを重ね着せず、薄いインナーを重ねて「極力スイングに影響出ない服」でラウンドしましょう。

「フィットネス」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 【浅倉カンナ選手】第2弾キャラクターフェイスタオル

浅倉カンナ選手のキャラクターフェイスタオル第2弾の発売が決定いたしました! 浅倉選手のキュートなキャラクターがあしらわれたデザインとなっています。 こちらは期間限定の受注生産販売です。 是非ご購入頂き、3/21のタイトルマッチへ向け皆さんでエールを送りましょう!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧