【医師監修】この夏の「免疫対策」&「熱中症対策」にはおみそ汁が最適!マルチ・ヘルシーフード『#夏みそ汁』!

タグ: , , 2020/8/31

 新型コロナウイルスの流行によって、日々の生活が一変してしまい、慣れない生活を強いられている人がいまだに多くいらっしゃるかと思いますが、これからの「Withコロナ」の時期を迎えるにあたり高めておきたいのが免疫ですよね。

さらに今年は、家で過ごす人が増えており近年増加傾向にある家中の熱中症の懸念も例年以上に高くなっております。そこで本記事では、株式会社ミソド(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:藤本智子)が考案した、「免疫力」「熱中症」というこの夏の心配ごとを解消するための「#夏みそ汁」レシピをご紹介しますので、ぜひ、日々の食事に取り入れてみてください。

・今すぐ読みたい→
味噌汁の驚くべき効果効能 https://cocokara-next.com/food_and_diet/effect-efficacy-surprising-miso-soup/





豊富な栄養をもつ味噌。「みそ汁」なら食材の栄養素もいっぺんに摂取できる

味噌には『タンパク質』『糖質』『脂質』という生きていく上で欠かせない3大栄養素のほかに、ミネラル(ナトリウム、カリウム、カルシウム、鉄など)、ビタミン(ビタミンB群、ビタミンE)などが含まれています。さらに「みそ汁」として調理することで、味噌そのものの栄養素に加えて、具沢山の様々な食材から多くの栄養素をいっぺんに簡単・手軽に摂取する事ができます。

今年の夏はおみそ汁で免疫維持、他の発酵食品にはない利点とは?


コロナウイルスの流行で、発酵食品に注目が集まっていますが、みそ汁には他の発酵食品にはない特徴があります。そう教えてくれたのは、管理栄養士・フードコーディネーター北嶋佳奈さん。

例えば、その一つとして腸内環境を整える効果が期待できるというものがあります。味噌に含まれる乳酸菌やオリゴ糖、味噌の発酵によって現れる茶褐色色素「メラノイジン」や、具材から摂取できる食物繊維を摂取することで、腸内環境を整えてくれるのです。なお、免疫細胞はタンパク質から作られるため、タンパク源(豆腐や油揚げ、肉など)を加えるとより一層効果的ですよ。

また、味噌に含まれるメラノイジンや、具材に含まれる抗酸化物質が活性酸素の増加による体へのダメージを防ぐことにより、免疫機能の維持をサポートしてくれるという効果もあります。

このように、みそ汁を食べることは、他の発酵食品に比べ、免疫維持の観点で様々な利点があります。特に、ヨーグルトやキムチなどの発酵製品にはない『メラノイジン』は味噌の大きな特徴です。

北嶋佳奈(管理栄養士・フードコーディネーター・株式会社Sunny and代表取締役)

料理本出版、レシピ・メニュー開発、コラム執筆、イベント・各種メディア出演など幅広く活躍中

また、感染症の専門医の水野泰孝さんは次のように語っています。「様々なウイルスが活発化する秋冬に備え、この夏は正しい食生活を通じ免疫力を高めた身体づくりが肝心。多くの食材や適度な塩分を摂取できる「みそ汁」はそんな正しい食生活に適したフードです。」今の時期から食生活を整え、ウイルスが活性化する季節に備えておくことが重要なのですね。

水野泰孝(グローバルヘルスケアクリニック院長)

感染症専門医。主な研究領域は熱帯感染症、渡航関連感染症。前・東京医科大学准教授、同大学病院感染制御部長。2019年6月より現職。最近は新型コロナウイルス関連でテレビ・ラジオ出演、雑誌取材など多数。

「フード&ダイエット」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧