知って得する!歯科治療費の負担を軽減できる「医療費控除」とは?

タグ: , , 2019/10/17

[記事提供:ホワイトホワイトデンタルクリニック(https://www.whitewhite.jp/)]

 「歯並びをキレイなアーチに整えたい」「白く輝くキレイな歯にしたい」など、歯科医院での治療を検討されている方、「医療費控除」という制度をご存知ですか?

セラミック治療やマウスピース矯正など保険のきかない自費治療は、しっかりとした効果が得られ、高い精度の治療内容である分、費用も高額になりがちですよね。

そんな高額な治療費用の負担を軽くすることができる方法が、医療費控除の利用です。

医療費控除は意外と知られておらず、聞いたことはあるけど詳しくはわからないという方がほとんどではないでしょうか?

ご自分への投資であるキレイになる治療をご検討されている方、最近治療をされた方必見の医療費控除について詳しくご紹介していきます。

・合わせて読みたい→
芸能人にも多いガミースマイル!原因と治療法を徹底解説(https://cocokara-next.com/lifestyle/causes-and-treatment-of-gummy-smile/)

医療費控除って?


医療費控除は、1/1~12/31までの1年間に、生計をひとつとする家族全員の医療費が10万円を越えた際に対象となります。

病気やけがはもちろん、特定の歯科治療を受けた際にも医療費控除の対象となります。

医療費控除とは簡潔に言うと、申請を行うことで治療にかかった費用の一部が戻ってくる制度です。

また、見落とされがちですが、公共交通機関を利用しての交通費も対象となりますので医療費を計算する際は見落とさないように注意しましょう。

医療費控除の対象となるもの

医療費控除の対象は、主に以下のようなものです。

・特定の治療の診療費・治療費(病院や歯科医院)
・入院費
・通院にかかった交通費
・介護保険の対象となる介護費用

治療費や診療費のほか、通院の際の交通費も医療費控除の対象となります。ただし、車のガソリン代や駐車場代は対象にはならないので、注意しましょう。

タクシーを利用した場合、必ず領収書を保管しておくようにしてください。また、バスや電車を利用した際は、運賃を記録しておくようにしましょう。

歯科治療の場合、以下のものが主に医療費控除の対象となります。

・インプラント
・セラミック治療
・金歯
・義歯
・メタルボンド
・歯列矯正の費用(美容目的でないもの)

美容目的など、治療の必要のない歯を治療したと見なされた場合、医療費控除の対象とならない場合があるので注意しましょう。また、残念ながらホワイトニングは医療費控除の対象にはなりません。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧