歯の白い詰め物の変色。実は怖い!繰り返しの再治療

タグ: , , , 2019/10/25

[記事提供:ホワイトホワイトデンタルクリニック(https://whitewhite.tokyo/)]

 こんにちは。ホワイトホワイトビューティー・審美歯科医師の石井です。

皆さんは、歯の白い詰め物が茶色く変色してしまった経験はありませんか?

特に前歯の詰め物が変色してしまった場合、気にされる方が多いかと思います。

歯に虫歯ができてしまった場合に、保険の診療ではコンポジットレジン(CR)と呼ばれる白い詰め物をすることがあります。

このコンポジットレジン(CR)は、実は材料の特性から強度に限界があり、また使用できる期間も限りがあります。長期間使用した場合、材料が変色したり歯と詰め物の間から虫歯になってしまうこともあります。

保険で白い詰め物をすることができるメリットもありますが、コンポジットレジン(CR)の特性を理解したうえで治療を選択する事が大切です。

今回はこのコンポジットレジン(CR)について解説したいと思います。

保険でできる白い詰め物コンポジットレジン(CR)ってどんな材料?


コンポジットレジン(CR)の素材は、プラスチックです。

歯科治療では、虫歯ができたところを削り、このコンポジットレジン(CR)を詰めて光で固めて使用します。

このコンポジットレジン(CR)はプラスチックのため、耐久性は大きくありません。

そのため、大きな虫歯の治療には用いられず、比較的小さな虫歯の治療に使用されます。

強い衝撃が与えられると割れてしまうため、大きな力が加わりにくい前歯の治療に用いられることが多いです。

また、吸水性の素材のため、時間と共に水を吸って茶色く変色してしまうこともよくあります。

コンポジットレジン(CR)の耐久期間は2~3年程です。歯医者さんで虫歯の治療が完了してからしばらく経つと、コンポジットレジン(CR)と歯の間に隙間が生じてそこから虫歯になってしまうこともあります。

コンポジットレジン(CR)の下が虫歯になっているとみつけにくく、知らないうちに虫歯が大きくなってしまっていることもあります。定期的に歯医者さんでレントゲン撮影をして詰め物の中の状態を確認する事をおすすめします。

・合わせて読みたい→
芸能人にも多いガミースマイル!原因と治療法を徹底解説(https://cocokara-next.com/lifestyle/causes-and-treatment-of-gummy-smile/)

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧