お悩み・年齢別にみる・わたしに合った歯ブラシの選び方

タグ: , 2020/10/24

[文:ホワイトホワイトビューティー東京(https://whitebeauty.tokyo/)]

 普段、何気なく歯ブラシを選んでいる方も多いかと思います。実は、口もとのお悩みによって歯ブラシを選ぶことで、症状を軽減することができる場合があります。

また、年齢によっても歯ブラシの選び方にはポイントがあります。

今回は、お悩み・年齢別に最適の歯ブラシの選び方をご紹介します。

・今すぐ読みたい→
芸能人にも多いガミースマイル!原因と治療法を徹底解説 https://cocokara-next.com/lifestyle/causes-and-treatment-of-gummy-smile/





お悩み別・歯ブラシの選び方

虫歯の原因(プラーク)の除去・歯周病予防

ヘッドの大きさ:小さめ
毛の硬さ:ふつう
毛先のタイプ:ラウンドカット
ブラシの形状:フラット

歯茎が健康で虫歯・歯周病にかかっていない場合は上記のような一番シンプルなタイプのもので健康状態を維持しましょう。

歯と歯の間に汚れが溜まりやすい

ヘッドの大きさ:小さめ
毛の硬さ:ふつう
毛先のタイプ:ラウンドカット
ブラシの形状:フラット(長い毛と短い毛が混合されているものがおすすめ)

歯ブラシだけでは間を磨きにくい場合は「ワンタフトブラシ」or「フロス」を使用。

ワンタフトブラシは毛束が1つになっていて先が山形になっているため、ピンポイントで気になるところが磨けます。

奥歯や歯の裏側、歯列が不揃いな歯も磨きやすいので、歯石もつきにくくなります。

歯周病対策


ヘッドの大きさ:小さめ
毛の硬さ:やわらかめ
毛先のタイプ:テーパード
ブラシの形状:フラット

歯周病にかかっている場合は歯茎に炎症が起きているので、「やわらかい」歯ブラシで歯茎に優しい毛材のテーパードで刺激を与えないよう丁寧にポケット内も磨きましょう。

毛先がテーパ―ド+ラウンドの混合タイプがあれば歯ブラシを当てる角度によって汚れを除去したり、歯周ポケット内を優しく磨いたりなど目的によって使い分けることができます。

歯茎の炎症(腫れ・痛み・出血がある)

ヘッドの大きさ:小さめ
毛の硬さ:やわらかめ
毛先のタイプ:テーパード
ブラシの形状:フラット

歯茎に炎症症状がでている部分は、刺激を与えないように磨くことが重要になります。

「やわらかい」歯ブラシを使い、歯茎に優しい毛材のテーパードのものでマッサージをするように丁寧に汚れを除去していきましょう。

矯正装置をつけている

ヘッドの大きさ:小さめ
毛の硬さ:ふつう
毛先のタイプ:ラウンドカット
ブラシの形状:フラット

ワイヤーなどの矯正装置をつけている間は、汚れが除去しづらいため上記のようなシンプルな歯ブラシに加えて「ワンタフトブラシ」など気になるところをピンポイントで磨けるものを併用してケアを行っていきましょう。

「ライフスタイル」新着記事

CoCoKARA SPORTS

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧