「長野スクープ」で実証、世間イメージと違う「東スポ」の取材力と人材育成力

タグ: 2019/1/8

 それは2019年の本格的な仕事始めとなった、1月7日の午前中のこと。東京スポーツのWEB版から野球ファンへ衝撃の第一報がもたらされました。

「巨人・長野 丸の人的補償で広島移籍へ」

 丸佳浩の人的補償がジャイアンツの誰になるかは昨年末から大きな関心事でした。

・合わせて読みたい→
西武移籍に伴い内海が失ってしまった将来の可能性とは(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/tetsuyautsumi-transfers-team-2/)

浅草キッド「日付け以外は全て誤報」


 去年は同じく西武からFA移籍した炭谷銀仁朗の人的補償として、ベテラン左腕の内海哲也が「流出」したばかり。巨人はかつて、大竹寛を獲得した際の人的補償として有望株の一岡竜司をミスミス手渡してしまった苦い過去があるだけに、期待の若手をしっかりプロテクトしたのでしょう。内海に続き、またも功労者である長野久義がチームを離れることに、G党からも哀しみの声が相次ぎました。

 しかし、人は信じたくない情報は信じないもの。ファンの中には第一報が東スポということから、冷ややかな反応をして自身を納得させようとする方もいました。

 「どうせ東スポだろ…。発表があるまで信じないよ」

 お笑いコンビの浅草キッドがかつて「日付け以外は全て誤報」とネタにしたほど、東スポは娯楽性を重んじる紙面展開をしていました。

 「プレスリー生きていた」

 「千葉にカッパ来襲」

 「阪神次期監督に上岡竜太郎」

 「大仁田爆死」

 何気ない夕方の日常。それをぶち壊す激しい一面見出し。ネタが無いとUFOも飛ばします。それが東スポ。過去にはエンターテインメントを希求しすぎたことから、真面目な人々がおちょくるメディアになっていたことも事実です。

「モチベーション」新着記事

CoCoKARA next オンラインショッピング

PICK UP 堀口恭司×Reebok オリジナルTシャツ “ツワモノ”

堀口恭司×ReebokのオリジナルTシャツ! 通気性と速乾性に優れたReebok製のTシャツを身につれば、汗を気にすることなく熱くなれる!

商品を見る CoCoKARAnext
オンラインショップ

おすすめコラム

人気タグ一覧